高次脳機能を発揮する脳神経系は、もっとも複雑で精巧な組織です。当研究室では、下記の3点を中心に研究を進めています


1)神経細胞の個性決定、神経細胞間の選択的な神経回路形成の二つの切り口から、脳神経系がどのような分子生物学的・神経生物学的メカニズムにより形成されるのか?


2)複雑な脳構造を解明することを通じて、高次脳神経機能および疾患病態解明へとアプローチする


3)高等哺乳動物の脳神経系にアプローチする。





















 

Molecular and Developmental neuroscience

脳神経系の研究に興味を持つ人を随時募集しています。河崎までご連絡下さい

河崎研究室へようこそ

東京大学

大学院医学系研究科

神経機能解明ユニット

河崎洋志

Hiroshi Kawasaki

Kawasaki Lab

The University of Tokyo

Graduate School of Medicine

脳科学研究 脳神経科学研究 分子神経生物学 分子生物学

研究室


脳神経 発生

神経発生

神経細胞 分化

神経発達

軸索投射 


東京大学医科学修士課程

東京大学医学修士課程

東京大学医学博士課程

学術振興会特別研究員

大学院生募集


視覚系 眼優位性、網膜、外側膝状体 LGN 視床 眼特異性

体性感覚系 触覚系 バレル

臨界期 可塑性 高次脳機能

記憶 学習 

分子メカニズム


西田栄介 京都大学  後藤由季子

笹井芳樹、中西重忠 

ドーパミン神経 パーキンソン病 再生医学、ES細胞、iPS細胞、再生医療

科学技術振興機構 JST さきがけ PRESTO

Human Frontier Science Program ヒューマンフロンティア

尾藤晴彦 辻省次 池谷裕二 



in utero electroporation, lentivirus

barrel, retina, LGN, lateral geniculate nucleus

Larry Katz, Lawrence Katz, neuroscience

whisker-lesion induced barrel structural plasticity

ES cells, iPS cells, SDIA, dopaminergic

in vitro differentiation, Parkinson’s disease

Yoshiki Sasai, Eisuke Nishida, Shigetada Nakanishi

Kyoto University, Tokyo University, ferret,

retinogeniculate, eye-specific segregation

thalamocortical, thalamus, ocular dominance column