外来・入院診療体制

女性診療科・産科・女性外科とは

一般的には産婦人科という名称ですが、東大病院が臓器別に再編成された際、女性診療科・産科と女性外科の2つの診療科となりました。外来を受診される場合は、妊娠の診断が確定している場合は女性診療科・産科を、それ以外の患者様は女性外
科の外来を受診して頂きますが、医師側には明確な区分はなく、外来スペースも共通のため、紹介状の宛先もどちらでも構いません。

病棟についてはA3南病棟(女性診療科・産科)とA3北病棟(女性外科)に分かれています。

女性診療科・産科・女性外科の外来・入院診療体制

周産期部門

妊娠・出産・胎児異常・不育症などを扱います。

ハイリスク妊娠の管理

当院は、総合周産期母子医療センターに指定されており、東京都内の緊急母体搬送症例の受け入れ、ハイリスク妊娠症例の受け入れを行っていますが、合併症のない一般の方の妊娠・出産ももちろん可能です。

胎児診断・胎児治療

超音波診断グループにより、胎児異常の診断や、妊娠中に胎児に対する治療を行うこともあります。

習慣流産

流産を繰り返す患者様の中に、免疫異常、血液凝固機能の異常を認めることがあります。習慣流産外来ではこうした患者様の診断・治療を行います。

遺伝外来

高年妊娠の患者様、遺伝病の家系の患者様に対する遺伝相談を遺伝相談を行います。

腫瘍部門

婦人科悪性腫瘍(子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌など)を対象とします。

子宮頸癌に対する妊孕性温存を目的とした広汎子宮頸部摘出術、進行卵巣癌に対する集学的治療、子宮体癌に対する子宮温存療法と、不妊外来と協力した早期の妊娠成立を目指した治療、子宮頸部異形成に対するレーザー療法などを特徴としています。

また、再発癌、難治性癌、合併症を有する患者様に対しても最適の治療をご提致します。

生殖医療部門

不妊症・内分泌疾患(月経異常など)の治療、内視鏡下手術を行なっています。

不妊外来・IVF-ET外来

卵管性不妊症に対する体外受精(IVF-ET)と腹腔鏡下手術、男性不妊症に対する人工授精(IUI)、顕微授精(ICSI)、泌尿器科医師による診断・治療など、一つの選択肢にこだわらず、患者様の年齢、検査結果、これまでの治療経過、患者様自身のご希望をふまえて、通院の負担・経済的負担を最小限にしつつ、もっとも妊娠に至る可能性を高める治療をご提供致します。

内視鏡手術

卵巣のう腫、子宮筋腫などの良性疾患に対しては、積極的に内視鏡下手術(腹腔鏡、子宮鏡下手術)を行っています。当院は手術室24室と全国最大規模を誇り、婦人科内視鏡手術でも、患者様をお待たせしないよう、努力しています。腹腔鏡下手術については、手術決定から2-3ヶ月以内に、子宮鏡下手術では手術決定から1カ月前後での手術が可能となっています。(術前にホルモン療法や貧血などの治療が必要な患者様につきましては、この限りではありません)

また、手術の傷が見えない単孔式手術、ロボット支援下手術も行っています。

受診方法

東京大学医学部附属病院のホームページ をご覧の上、受診予約をお願いいたします.

当院は特定機能病院のため、紹介状をお持ちになることをお勧めします。なお、救急の場合は24時間いつでも受診可能です。

女性診療科・産科・女性外科の外来担当(専門外来を除く) をご覧の上、120-128ブースに専門の医師がいる曜日に受診していただければ、診療がスムーズに進みます。ご協力のほどお願いいたします。

ページトップへ