第17回 日本 TDM 学会・学術大会のご案内

会 長:水柿 道直(東北大学医学部附属病院薬剤部)

会 期:平成 12 年 5 月 20 日(土)・21 日(日)

会 場:仙台国際センター(〒980-0856 仙台市青葉区青葉山)


プログラム 学術大会申込 一般演題申込申込要領 一般演題講演要旨作成要旨作成要領 第17回日本TDM学会学術大会事務局 日本TDM学会事務局

プログラムトップ

会長講演:水柿 道直(東北大学医学部附属病院薬剤部)

   「TDMの予防医学への貢献」

特別講演:成澤 邦明(東北大学大学院医学系研究科遺伝病学分野)

「遺伝子診療の現状と今後の展望」

教育講演:後藤 順一(東北大学大学院薬学研究科臨床分析化学分野)

「低分子生理活性物質に対する抗体の分子認識とイムノアッセイの高感度化」

シンポジウム

I 「感染症対策の最前線 −MRSAを中心に−」

オーガナイザー:

仲川 義人(山形大学医学部附属病院薬剤部)

賀来 満夫(東北大学大学院医学系研究科分子診断学分野)

1.感染症治療における TDM の有用性−臨床現場からの期待−
賀来 満夫 (東北大学大学院医学系研究科)
2.薬剤師はどこまで MRSA 感染症の防人たりうるか
松山 賢治 (武庫川女子大学薬学部)
3.TDM を利用した MRSA 感染症治療の実際
増原 慶壮 (聖マリアンナ医科大学病院薬剤部)
4.TDM の現状と将来展望
谷川原 祐介(慶應義塾大学病院薬剤部)
5.総合討論

II 「薬物療法へのゲノム情報の利用 −個人差と個別化−」

オーガナイザー:

山添 康(東北大学大学院薬学研究科薬物動態学分野)

鈴木 敏夫(秋田大学医学部附属病院薬剤部)

1.トランスポーターと組織分布
阿部 高明(東北大学大学院医学系研究科)
2.薬物代謝の個人変動と薬物相互作用
永田 清 (東北大学大学院薬学研究科)
3.ゲノム薬理とテーラーメイド医療
辻本 豪三(国立小児病院・小児医療研究センター)
4.追加発言
未定
5.総合討論

サテライトランチョンセミナー

:Michael H. Smolensky(Enviromental Physiology, University of Texas Houston, USA)

「Biological Rhythm-Dependencies of Human Diseases, Administration-Time Differences in the Pharmacokinetics and Effects of Medications and Chronotherapeutics」

:池 康嘉(群馬大学医学部微生物学教室)

「グリコペプタイド耐性について」

:吉田 浩(福島県立医科大学臨床検査医学講座)

「TDMと精度管理」

 上記講演を5月20日(土)及び5月21日(日)に分けて行う予定です。

一般演題(口演ならびにポスター発表):

 口演は発表8分、討論4分、ポスターは会期中展示の上、討論時間を設ける予定です。

懇親会:立食パーティー(仙台国際センター)



学術大会参加申込トップ

 受付の混雑を避けるために事前登録にご協力下さい。

 事前登録ならびに懇親会参加を予めご希望の方は、それぞれの費用を別添え綴じ込み(学会機関誌「TDM研究」2000年1月号)の郵便振替用紙に記入して、平成 12 年 4 月 30 日(日)までに下記事務局宛にお申し込み下さい。後日参加証を送付致します。また要旨集の郵送をご希望の方は、通信欄の要旨集送付希望欄に レ 点をつけ、参加費に要旨集送料を加算して下さい。平成 12 年 4 月 30 日(日)以降は、当日申込のみとなります。なお、納入された参加費などは返却に応じかねますのでご注意ください。また、事前登録した方で要旨集郵送をご希望されない方には、学術大会総合受付にてお渡しいたしますので、その旨を受付にお申し出下さい。

 非会員の方で事前登録制度の利用をご希望される方は、郵便振替用紙を学術大会事務局までご請求ください。

参加費:会 員 6,000円  事前登録の場合 5,000円(要旨集代含)

    非会員 8,000円  事前登録の場合 7,000円(要旨集代含)

懇親会

 平成 12 年 5 月 20 日(土)に仙台国際センターにて行います。会費は予約申込 6,000 円です。

一般演題申込トップ

 一般学術発表を申し込まれる発表者(代表発表者)は、日本 TDM 学会の正会員であることが必要です。現在非会員の方で発表を希望される場合は、「一般演題申込」と同時に本号(学会機関誌「TDM研究」2000年1月号)添付の入会申込書により、速やかに入会手続き(日本TDM学会)を行って下さい。

 一般演題の申し込みは、郵送または電子メールにより受け付けますので、後述の「一般演題申込要領」に従ってお申込下さい。なお学会一般演題申込締切は、平成 12 年 2 月 1 日(火)です。

一般演題要旨送付についてトップ

 一般演題の申し込みをされた方は、「一般演題講演要旨作成および送付要領」に従って平成 12 年 3 月 1 日(水)までに学術大会事務局宛に郵送して下さい。

一般演題申込締切:平成 12 年 2 月 1 日(火)

一般演題要旨締切:平成 12 年 3 月 1 日(水)

事前登録申込締切:平成 12 年 4 月 30 日(日)

お問い合わせ先: 〒980-8574

仙台市青葉区星陵町1-1

東北大学医学部附属病院薬剤部内

第17回日本TDM学会・学術大会事務局

事務局長 鈴木 常義

TEL:022-717-7528

FAX:022-717-7545

E-mail:tdm17@pharm.med.tohoku.ac.jp

URL:http://square.umin.ac.jp/tdm17/


一般演題の申込要領 トップ

第17回日本TDM学会・学術大会事務局

 第17回日本TDM学会・学術大会の一般演題申込要領は下記の通りです。郵送電子メールによる2通りの申込方法がありますので、いずれか一つをお選び下さい。学会一般演題申込締切は、平成 12 年 2 月 1 日(火)です。なお、演題の採否、発表形式およびプログラム編成については、講演要旨受付後、組織委員会にて検討しますので、ご一任願います。

【郵送による申込み】

1)A4版用紙(縦置き、横書き)を用いて抄録を作成して下さい。

・代表発表者の会員番号(入会手続き中の方はその旨記入して下さい。)

・演題名、氏名(全員の氏名とふりがな、演者に○印)、所属を記入して下さい。

・「口頭」「ポスター」「どちらでもよい」のいずれかを明記して下さい。

・連絡先住所、氏名、電話、FAX 番号、電子メールアドレスを記入して下さい。

・講演内容の抄録(200 字程度)を記入して下さい。

2)抄録受取通知ハガキとして、官製ハガキ(縦置き、横書き)に下記必要事項をご記入下さい。

表:連絡先住所、代表発表者氏名

裏:上半分に演題名、発表者全員の氏名

3)下記の演題申込必要書類を封筒に入れ、末尾の申込先にお送り下さい。

1. 講演内容抄録 1 部

2. 抄録受取通知ハガキ 1 部

  1演題につき上記の書類1セットが必要です。

4)封筒の表に「演題申込書在中」と朱筆して郵送して下さい。

【電子メールによる申込み】

1)電子メールの題名には必ず「一般演題申込」と入力してください。

2)抄録は上記の郵送申込1)の項目を全て入力し、下記の組織委員会アドレス(tdm17@pharm.med.tohoku.ac.jp)宛送信して下さい。

3)抄録受取通知ハガキの別送は不要です。後日、事務局より受付済みの通知を返信しますが、2月 10 日(木)を過ぎても学術大会事務局より返信がない場合は、ytomioka@sm.rim.or.jp までお問い合わせ下さい。

 

一般演題申込締切:平成 12 年 2 月 1 日(火)必着

申込先: 〒980-8574

仙台市青葉区星陵町1-1

東北大学医学部附属病院薬剤部内

第 17 回日本 TDM 学会・学術大会組織委員会

会長 水柿道直

TEL:022-717-7528

FAX:022-717-7545

E-mail:tdm17@pharm.med.tohoku.ac.jp


一般演題講演要旨作成および送付要領トップ

第 17 回日本 TDM 学会・学術大会事務局

 第17回日本TDM学会・学術大会の一般演題講演要旨作成および送付要領は下記の通りです。

【講演要旨作成要領】

1. 一般演題講演要旨は、本号に綴じ込みの所定の用紙を用い、1枚にまとめ黒インクで印字し、必ず枠内におさめて下さい。枠内のみが写真印刷となります。ワープロをご使用になる場合は、出来る限りレーザープリンターで打ち出して下さい。図表は本文中の枠内に含めて結構ですが、要旨集はB5版に縮小印刷になりますので、見やすい大きさのものにして下さい。

 要旨記入用紙は指定の箇所以外に折り目をつけないで下さい。

2. 発表内容を明確にし、目的、対象ならびに方法、結果、結論(考察)を具体的に記入して下さい。

3. 要旨集では、演題名ならびに所属、氏名は写植印刷します。演題名および所属、氏名はそれぞれ所定の欄に記入し、演者の氏名の前に○印をつけて下さい。所属機関の名称は略さずに記載して下さい。

【要旨送付要領】

1. 講演要旨はオリジナル 1 部、査読用コピー 3 部(サイズはB4版)に演者の参加申込用郵便振替の払込兼受領証のコピーを同封の上、封筒の表に「講演要旨在中」と朱筆し、簡易書留で会長宛にお送り下さい。

2. 一般演題整理カード下部の郵送用ラベルは、後日の連絡用に使用しますので、必ずご記入下さい。

【演題の採否】

1. 演題の採否ならびに発表形式は組織委員会で決定します。

2. 一般演題整理カードに、「口演」「ポスター」あるいは「どちらでもよい」のいずれかに希望する発表形式を必ずご記入下さい。

*講演要旨送付必要書類*

1. 講演要旨オリジナル 1 部

2. 講演要旨コピー(B4版) 3 部

3. 一般演題整理カード 1 部

4. 講演要旨受領ハガキ 1 部

5. 演題発表採否通知ハガキ 1 部

6. 参加登録払込票兼受領書のコピー 1 部 (演者分のみ)

1 演題につき上記の書類1セットが必要です。

一般演題要旨締切:平成12年3月1日(水)必着

送付先: 〒980-8574

仙台市青葉区星陵町1-1

東北大学医学部附属病院薬剤部内

第17回日本TDM学会・学術大会組織委員会

会長 水柿道直

TEL:022-717-7528

FAX:022-717-7545

E-mail:tdm17@pharm.med.tohoku.ac.jp

トップ


日本TDM学会

事務局:

〒650-0017 

神戸市中央区楠町7−5−2

神戸大学医学部附属病院薬剤部内

TEL: 078-382-6643

FAX: 078-382-6678


Updated, Jan. 30th, 2000
by Y Tomioka