本文へスキップ
お問い合わせはこちらから⇒

骨・軟骨再生医療寄付講座


◆寄付企業 日本イーライリリー

◆母体講座 整形外科

◆目標    骨・軟骨分化を簡便・性格・非侵襲的に検出するシステムの開発
       骨・軟骨分化に必要十分なシグナルの決定
       骨・軟骨の細胞シート培養法の開発
       血管新生をともなう骨誘導の法の開発
       非ウィルス性遺伝子導入法の開発
       再生骨・軟骨の作製と移植

◆研究領域  骨軟骨生物学
       発生学
       幹細胞生物学
       再生医学

◆連携    オリンパス光学工業株式会社
       株式会社ネクスト
       株式会社エイブル
       東京大学大学院工学系研究科材料学教室
       東京大学大学院薬学系研究科生理科学教室
       東京女子医科大学先端生命医科学研究所
       昭和大学歯学部生化学教室
       理化学研究所先端技術開発支援センター
       大阪大学歯学部生化学教室
       米国ハーバード大学分子細胞生物学教室
       米国ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院内分泌科
       韓国慶北大学医学部・歯学部
       中国復旦大学医学部形成外科学教室


◆成果

Fig.1
皮膚線維芽細胞の骨芽細胞誘導による石灰化。
無処理の線維芽細胞には石灰化は起こらず(a)、骨細胞誘導薬剤で一週間処理した線維芽細胞は石灰化を起こしている。

Fig.2
骨芽細胞誘導薬処理した皮膚線維芽細胞シートによる頭蓋骨臨界欠損の再生。左図は未処理の線維芽細胞を移植した場合で術後4週間経っても全く骨再生は見られないが、右側の骨芽細胞誘導した線維芽細胞を移植した場合は旺盛な骨再生が見られる。軟X線写真。


このページの先頭へ

Division of Tissue Engineering東京大学医学部附属病院 ティッシュ・エンジニアリング部

〒113-0033
東京都文京区本郷7-3-1
TEL 03-5800-9891
FAX 03-5800-9891