第36回日本脳卒中の外科学会
 The 36th Annual Meeting of Japanese Society on Surgery for Cerebral Stroke





















 
  開催概要   第36回日本脳卒中の外科学会

    会期 : 平成19年(2007年)3月23日(金)〜24日(土)

    会場 : JALリゾート シーホークホテル福岡
             〒810-8650 福岡市中央区地行浜2-2-3
               Tel : 092-844-8111(代表) Fax : 092-844-7887

           
    会長 : 佐々木 富男 (九州大学大学院医学研究院脳神経外科)

    主題 : 過去の反省から新たな挑戦

プログラム内容
     海外招待者
          Neal F. Kassell (Virginia, U.S.A.)
         Ali F. Krisht (Arkansas, U.S.A.)
         Mario Zuccarello (Cincinnati, U.S.A.)
         Chang Wan Oh (Seoul, Korea)
         Han Kyu Kim (Eulji, Korea)

●特別講演
   1 "MR guided focused ultrasound surgery: The next big thing in
     vascular
neurosurgery”            (Dr. Kassell)
   2 "Clippability and durability of giant intracranial aneurysms”     
                                (Dr. Krisht)

●シンポジウム
    1  術中モニタリングの有用性と問題点
    2  もやもや病−治療戦略と長期予後−
    3  血管内手術の最先端

● ビデオシンポジウム
    1  Large and giant aneurysmに対する治療戦略
    2  脳幹部海綿状血管腫に対する治療戦略

●一般演題(口演,ポスター)
    1  未破裂動脈瘤
    2  破裂動脈瘤
    3  重症クモ膜下出血の治療及び全身管理
    4  出血後合併症,水頭症
    5  AVM, dural AVF,その他の脳血管奇形
    6  もやもや病
    7  頸動脈病変
    8  頭蓋内血管狭窄症
    9  脳出血
   10  血管内手術
   11  神経内視鏡手術
   12  定位的放射線治療
   13  手術モニタリングと手術支援装置
   14  脳卒中のリハビリテーション
   15  脳卒中地域医療連携
   16  その他

●脳卒中学会/脳卒中の外科学会合同シンポジウム
     1  rt-PA超急性期:その光と蔭
     2  脳卒中イメージング:マクロからミクロまで

●ランチョンセミナー 
●モーニングセミナー

    学会事務局 :九州大学大学院医学研究院 脳神経外科
              〒812-8582 福岡市東区馬出3−1−1
              Tel : 092-642-5524 Fax : 092-642-5527
              E-mail :
07stroke@ns.med.kyushu-u.ac.jp