第36回日本脳卒中の外科学会
 The 36th Annual Meeting of Japanese Society on Surgery for Cerebral Stroke





















 発表のご案内

■発表者(口演・ポスター)の先生方へ■

 <発表時間および発表形式 >                    

セッション

発表時間

質疑応答

発表形式

 ● シンポジウム

9分

3分

PC

 ● ビデオシンポジウム

9分

3分

PC・ビデオ

 ● 一般口演発表

7分

3分

PC

 ● 一般ビデオ発表

7分

3分

PC・ビデオ

 ● ポスター発表

4分

2分

 


1.シンポジウム・一般口演
 ・演者は、発表の1時間前までにPC・ビデオ受付にて受付をお済ませください。
  PCセンターは1F樫、楠室です。
 ・ スクリーンは1面です。
 ・すべてPCプレゼンテーションでお願いいたします。
 ・動画を使用される方は必ずご自身のPCをお持込ください。

●発表データ持参の場合

(1) PC受付にてご用意するPCは下記のとおりです。
    Windows:OS=XP、Power Point=2000,2002,2003
    Macintosh:OS=X、Power Point2001.X.2004
(2) フォントはOS標準のものとして、画面レイアウトのバランス異常を防ぐため次のフォントをお奨め
   致します。Windowsは「MSゴシック」「MS明朝」 Macは「OSAKA」をご使用お願い致します。
(3) 画面の解像度はXGA (1024×768) です。
(4) 持参するメディアには下記を明記したラベルを貼ってご提出ください。
    a) 演題番号 b)発表者氏名・所属 c)使用OS・Power Pointのバージョン
(5) 発表データファイル名には演題番号と演者名を付けてください。
(6) 発表データはCD-R(Disc at Once方式、CD-RWは不可)またはUSBメモリーでお持ちください。
(7) 念のため、発表データのバックアップデータを必ずお持ちください。
(8) メディアを介したウィルス感染の事例がありますので、最新のウィルス駆除ソフトでチェックして
   ください。

● PC持参の場合

(1) Windows Macintoshのいずれも可能です。
(2) 接続は、ノート型パソコン本体にアナログミニディーサブ15ピン(3列)モニター出力端子が使用
   できるものに限ります。
    ※ SONYのVAIOやMAC i-Book等、一部の薄型、小型ノートパソコンで出力端子がないもの
      がございます。出力端子がなければプロジェクターに接続できません。
      別売り変換アダプターが必要となりますので、必ずご用意ください。
(3) コンセント用電源(AC)アダプターをお忘れなくご持参ください。
(4) スクリーンセーバーや省電力機能にて電源が切れないように設定のご確認を予め行ってください
(5) ご発表は、演台上のキーボード&マウスにてご自身で操作を行ってください。
(6) ご発表後は会場内PCデスクにてご自身のPCをお受け取りください。

●ビデオ持参の場合

(1) ビデオテープは,VHS, DVD, DVCAM(MiniDv) を受け付けます。音声を挿入される場合はnormal      channelに入れてください。
(2) ビデオには下記の明記ラベルを貼ってご提出ください。
    a) 演題番号 b)発表者氏名・所属 c)音声の有無
(3) テープはPCセンター内,ビデオ受付にて頭出しのうえ提出し、引換証をお受け取りください。
(4) ご発表後は会場内PCデスクにてビデオテープをお受け取りください。

2.ポスター発表

*展示スペースは90(幅)×180(高さ)cmです。左上に20×20cmの演題番号が貼ってありますので
  残りのスペースに演題名、所属、氏名、本文を提示ください。

  • ポスター発表は3FのP1・P2会場にて、発表は発表時間4分・討論時間2分で3月23日(金)14:00〜16:36および3月24日(土)13:30〜16:06に行います。
  • ポスター受付は設けませんので、発表当日の9:00〜11:30までの間に貼り付け終了してください。
  • 23日(金)発表者は当日16:40〜18:00の間に、24日(土)の発表者は16:10−17:00の間に撤去してください。撤去されないポスターは当方で処分いたしますので、ご了承ください。