メニュー>HOME>会長挨拶>プログラム概要>宿泊案内>会場案内>演題案内お知らせ
親子の手
第28回日本小児皮膚科学会
赤ちゃんミルク
プログラム概要


プログラム概要
1. プレジデンシャル・アドレス
5月29日(土)
小児の難治性皮膚疾患はどのように対処すべきか?
                   金子史男(福島県立医大皮膚科)
2. 特別講演 I
5月29日(土)
「Depictions of Dermatologic Diseases in Art」
           Sungnack Lee : (Dept of Dermatol, Ajou Univ., Korea)
3. 特別講演 II
5月30日(日)
「Some refractory pediatric dermatoses in mainland of China」
            Jian-Zhong Zhang : (Dept of Dermatol, Pekin Univ., China)
4. 教育講演
5月29日(土)
1) 遺伝性皮膚疾患:出生前診断から治療の時代へ    清水 宏 (北大皮膚科)
2) 小児における光線過敏性皮膚疾患          錦織千佳子 (神戸大皮膚科)
3) 細胞増殖・分化シグナルと皮膚疾患 本間 好 (福島県立医大細胞情報)

5月30日(日)
4) 原発性免疫不全症の病因遺伝子と皮膚症状   崎山幸雄 (北大遺伝)
5) アトピー性皮膚炎の病態はどこまで明らかになったか 片山一朗 (長崎大皮膚科)
5. シンポジウム1
5月29日(土)
“小児の難治性皮膚疾患をめぐって”
1) 新生児エリテマトーデス 宮川幸子 (奈良医大皮膚科)
2) 小児の難治性膠原病
−新生児NLEからSLEに移行し18年間経過した女児例を中心に−  
松原知代 (山口大 小児科)
3) 小児皮膚筋炎 溝口昌子 (聖マリアンナ医大 皮膚科)
4) 先天性の水疱性疾患と角化異常症 秋山真志 (北海道大 皮膚科)
5) 小児膿疱性乾癬の本邦における実態と臨床的特徴 岩月啓氏 (岡山大 皮膚科)
6) 遺伝性疾患へのアドバイス 鈴森 薫 (名古屋市大 産科婦人科)
7) 遺伝性疾患へのアドバイス 三橋善比古 (山形大 皮膚科)
6. シンポジウム2
5月30日(日)
   “アトピー性皮膚炎のEBMと治療をめぐって”
1) アトピー性皮膚炎における遺伝因子と環境因子の関与とその対策 
寺本貴英 (岐阜大小児科)
2) 食物アレルギーの関与とその対策
伊藤節子 (同志社女子大)
3) アトピー性皮膚炎におけるステロイド外用薬のEBM   幸野 健 (吹田市民病院皮膚科)
4) アトピー性皮膚炎におけるタクロリムス外用薬のEBM 佐伯秀久 (東大皮膚科)
7. シンポジウム3
   5月30日(日)
   “小児のリンフォーマ”
1) 小児の非ホジキンリンパ腫の特徴と鑑別診断 北条 洋 (福島県立医大病理)
2) 小児科から見た臨床的特徴 CCLSG NHL研究登録データから 片野直之 (愛知医大小児科)
3) 免疫不全とリンパ腫 菊田英明 (北大小児科)
4) 小児のリンパ腫の皮膚症状と前駆症状 大塚幹夫 (福島県立医大 皮膚科)
5) Two Fatal Cases of Lymphomas with Chronic Active Epstein-Barr Virus Infection : EBV-related Lymphomas in Chinese Children Zi-Gang Xu (Department of Dermatology Beijing Children’s Hospital,
Capital University of Medical Sciences Beijing China)
8. 公開シンポジウム
   5月30日(日)
   “小児の遺伝性皮膚疾患と遺伝相談”
清水 宏 (北大皮膚科)
  鈴森 薫 (名市大生殖・遺伝)
  三橋善比古 (山形大皮膚科)
9. 共催セミナー
   ランチョンセミナー
   イブニングセミナー