HOME
小児医療センターのご紹介

小児医療センターのご紹介
東大小児医療センターと支援施設のご紹介
東京大学医学部附属病院では2001年に新病棟の稼働を開始しました。 2008年7月には、東大病院に新生児から思春期までの患者さんのために、病棟内に小児医療センターを新設しました。子どもの医療は、診療・看護などの面で、成人とは異なる特殊性がありますので、小児医療センターとして、入院した子どもたちを中心とした医療を行っています。 小児医療センターは入院部門ですので、まず小児外科の外来を受診し、入院加療が必要と判断された場合に入院することになります。
東大病院入院等のご案内 (東大病院HPへ)
小児医療センター (東大病院HPへ)

小児医療センターのご紹介小児科(新生児担当部門も含む)、小児外科、心臓外科、産婦人科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、整形外科、口腔外科、眼科、皮膚科、こころの発達診療部など小児を診るすべての科が協力して診療にあたります。院内学級を備え、病棟保育士やボランティアによる子どものケアも行っております。
新生児については、NICU(新生児集中治療室)で集中治療を行うとともに、GCUで退院が可能となるまでのケアを行います。

また、術後に高度な状態管理が必要なお子様は、PICU(小児集中治療室)にて集中治療を行います。このPICU(小児集中治療室)は、国立大学では、はじめての小児専門の集中治療室として誕生しました。
PICU

患児は、重症期にはNICUとPICUで管理されます。ここでは、一般床とは別の医師チーム・看護チームが24時間体制で治療にあたっており、ここに小児外科の担当医が参加して効率の良い確かな医療が提供できるようになっています。全国から来られた多くのお子様の治療に大変重要な役割を果たしています。

小児医療センターのご紹介また集中治療によって重症期を脱した時期には、新生児・未熟児は成長促進室(GCU)へ、年長児は高度治療室(HCU)へ転室し慎重な管理が継続されます。

一般床は軽症・中等症の患児が入院します。通常、外科の病気で入院されるお子様は、この一般床に入院していただき術前術後の管理をいたします。一般床には患児のためのプレイルームが併設されており術前の時間を楽しくお過ごしていただけます。

小児医療センターのご紹介小児医療センターでは、腫瘍疾患、腎臓疾患、呼吸器疾患、心臓疾患等の様々な疾患を診療しております。これらの疾患は小児外科医と小児科医との連携が治療にあたって重要になってきますが、同じフロアー内で常に両者が情報交換をおこない、効率よく確かな医療を提供できるように心がけております。


入院について
外来にて、入院日、手術日を決定します。外来看護師より入院の説明を行います。後日、改めて入退院センターから確認の電話があります。
ご家族の希望がある場合は、付き添うことが可能です。入院後に「家族付き添い許可申請書」をお出しください。


東大こだま分教室
病気で長期入院している小学生、中学生、高校生が、学習するために、東京都立北養護学校の病院内分教室の東大こだま分教室が併設されています。
東大こだま分教室 (東大病院HPへ)


ご家族の宿泊施設 ご案内
病気のお子さんが親元を離れて入院生活を余儀なくされることは、入院中のお子様、ご家族ともにとって寂しく、辛い経験です。また、ご家族の経済的、精神的な負担は想像以上に大きいものです。そんなご家族とお子様をサポートするための滞在施設が,東大病院の近くにあります。
ぶどうのいえ
ドナルド・マクドナルド・ハウス東大


その他の宿泊施設のご紹介について
当院では希望する方に、入退院センターが近隣の宿泊施設をご紹介しております。
対象となる方は、患者さん、ご家族、お見舞いの方です。
入退院センターからの宿泊先紹介 (東大病院HPへ)

このページのトップへ
Copyright © 東京大学医学部附属病院小児外科. All Rights Reserved.