HOME
ごあいさつ

東京大学大学院医学系研究科小児外科学分野
東京大学医学部附属病院小児外科
准教授・診療科長 藤代 準 (ふじしろ じゅん)
皆さんは「小児外科」という診療科がどのような医療を提供しているかご存じですか?言葉の通りお子さんの外科疾患を担当する診療科で、いわゆる一般外科という成人の外科から分かれてできた分野です。ただ、こどもは成人の体格を小さくしただけの存在ではありません。身体的にも生理学的にも成人とは大きく異なります。たくさん食べてよく眠り、しっかり運動することで成長、発達を遂げていきます。私たちこどもの医療を担当する医師は、常にそのことを念頭に置き、成長、発達を極力妨げない医療を提供する必要があります。

成人の外科学も大きな変貌を遂げ、大病院のほとんどで、消化器外科、血管外科、腫瘍外科、内分泌外科など臓器別・疾患別専門化がなされてきました。一方小児外科学は、外科学のうち小児を専門とした外科学ですが、私たち小児外科医は、頚部、心臓を除く胸部、腹部のほぼすべての病気を担当します。1000グラムにも満たない未熟児から思春期の中学生まで、また消化器疾患、呼吸器疾患、泌尿器疾患、生殖器疾患、など小児の外科的疾患のすべてが守備範囲です。それぞれの小児外科医が、それぞれ得意な分野を持ちつつ小児の一般外科医として日常診療に当たっています。東京大学小児外科では、日本小児外科学会が認定した3名の指導医、3名の専門医がお子さんの外科的疾患の診断・治療を担当しています。

小児外科学は外科学の一分野ですが、実際の診療にあたっては小児医療の一分野として活動しています。そのため、日常の診療においては、小児科との連携が欠かせません。また最近では胎児医療の領域の一角も担っていますので、産科との連携も不可欠です。東京大学小児外科では、小児科、産科との協力体制が確立しているばかりか、外科系各診療科の小児担当チームとも密接な関係を維持し、病気のお子さんのトータルケアに努めています。

小児領域の外科疾患には様々な治療法があります。同一の疾患でも個々のお子さんによってその治療法の選択が異なることもしばしばです。東京大学小児外科では、治療方針などは常にご両親と十分検討して決定していきます。どうぞお気軽にご相談ください。


このページのトップへ
Copyright © 東京大学医学部附属病院小児外科. All Rights Reserved.