医局員の声

多くの女性医師が所属しています

仕事と家庭の両立をしている医師も多く所属しています

東大小児科には、小さいお子さんを育てながら臨床や研究に励んでいる医師が多く所属しています。
皆さんさまざまな悩みを抱えておりますが、そのような悩みや両立について話し合う会として、2012年より東大小児科女子会を開催しました。
先輩のさまざまな経験談を聞いて、新たな道に進むことを選んだり、将来の漠然とした不安が具体化できて励みとなったりしました。 また、家庭に時間をとられる時期がくるまでは、しっかり学んで臨床と研究のスキルを身につけておくことの重要性が、具体的に伝えられました。

一方で、「女性医師」というくくりのみで考えることには限界があるため、現在は、病院全体で、両性が協力して能力を最大限に発揮できるような、体制づくり、意識改革、支援制度を検討しています。 医学部全体では、「医学系キャリア支援のための交流会」を毎年開催しております。 また、現在、各科に「ワーク・ライフ・バランス相談員」が任命され、個人個人の働き方の相談に応じる体制が作られています。

さらに、東大病院に、院内保育園「いちょう保育園」と「病児保育室ひよこケアルーム」が設置され、小児科が運営に関わっています。 また無理なく仕事を継続できるような勤務時間体制が設定されています。

詳しくは、東大病院HP 「両立支援のための様々な取り組み」
http://www.h.u-tokyo.ac.jp/about/torikumi/ryouritsu/index.html)をご参照下さい。

ページの先頭へ戻る