入局のご案内

研修医が主役!全員参加型Journal Club(研修医抄読会)

研修医抄読会風景

東大小児科では、神田祥一郎助教の発案と指揮のもと、2015年度度より研修医全員参加型Journal Clubを行っています。 この抄読会のモットーは「主役は研修医」です。同席している指導医は事前の準備など必要に応じて手伝いますが、あくまで主役は研修医の諸君です。研修医全員が必ず発言をして議論に加わる全員参加型です。
この抄読会の目的はたくさんありますが、、、、

・まず、議論を通じてメンバーがお互いの理解を深める。
(同期で研修することから一生の付き合いが始まります。)
・もちろん、本格的な医学論文の読み方を復習する。
(皆さん、難しい論文でも頑張ってチャレンジしています。)
・特に大事にしているのは、プレゼンテーションするときの姿勢や話し方を練習する。
(人にわかりやすく話すにはどうしたらよいか、ぜひ一緒にやってみてください。)
・決められた時間内にわかりやすいビジュアルな資料を用いて説明する。
(みんな言いたいことはいっぱいあります。しかし時間にあわせて内容を整理して、質疑の時間をちゃんと残します。)
・質疑は絶対に全員が参加する!
(だから聞いている方も必死です。どんな素朴な質問でもよいから参加しなければいけません。一方でどんな質問にも発表者は丁寧に答えます。)
・質問の際にプレゼンテーションをしてくれた人に感謝の言葉を述べる。
(発表者も聞く方もお互いに感謝の言葉を忘れません。社会に出たときのマナーです。)
最後に評価者(神田先生か指導医)がフィードバックしますが、40分はいつもあっという間に終わってしまいます。

研修医の皆さんによる手作りの抄読会です。それぞれの先生の個性がわかる発表、大歓迎です。(岡)

抄読会係より

東京大学小児科では毎週水曜日午前7:50-8:30の40分間(発表20分+質疑20分)抄読会を行っています。年間スケジュールはリンクの記録を参考にされてください。

2018年度は以下のような内容を行っています。

①論理的な読み書きのトレーニング:『論理学トレーニング101題』『理科系の作文技術』を教科書に学習します。論文を書く時だけではなく日常診療においても、正しい日本語を論理的に組み立てていく力はとても大切です。
②フリーテーマプレゼン:自分が興味のあること(医学に限らず、数学、化学、物理学、文学、、、何でも可)をacademicにプレゼンします。医学者として創造的な仕事ができるように、独創的な視点・発表を応援しています。
③読書の会:抄「読」会は論文だけを「読む」と決まっていません。「読む」ものであればなんでもよいはずです。そこで、東大小児科医局の先輩方にお願いして、「新入局者のための推薦図書一覧」を作成しました。その中から面白そうなものを選び、読み解いて、魅力的にプレゼンします。
④論文の抄読会:最初は指導医と共に、論文の選択から始めます。1年後には自分で論文を選び、論理的に分かりやすく説明できるようトレーニングします。
プレゼンと同様に質疑に力を入れています。抄読会を通じて、分かりやすく伝える能力、質問する勇気、内容を理解し的確な質問を行う批判力、質問に対して誠実に答える論理力を楽しみながら身につけていきます。(神田)

ページの先頭へ戻る