同窓会向け情報

小児科専門医受験について

日本小児科学会専門医を受験予定の先生方へ

日本小児科学会の専門医が先生方にとって必要な資格ですので、受験資格を獲得しましたら積極的に受験してください。すでに御存知だと思いますが告示をよく参照してください。
学会への提出の前に、大学へ症例要約を提出する際は、下記の通りお願いします。

●研修期間中に研修施設あるいはその関連施設で自ら診療に携わり、診療録に本人の名前と診療内容が記載されているもののみ。

●特に症例要約が同一文章(片方が他方の文章を複写したと判断される文章)であることは認められません。

●診療に携った要約は、まずは指導していただいた先生にチェックをまず受けてください。

●送付先:東京大学医学部附属病院小児科医局事務室 〒113-8655 文京区本郷7-3-1

●送付するもの
 (1) 症例要約
 (2) 症例要約指導証明書:指導医署名は、その症例を診療した病院での指導医となります。
 患者さんの施設名、受け持ち機関、病院名、ID、生年月日などをこちらでチェックするのに使用します。
 また、東大の症例の場合に指導医自筆署名にこちらで署名を希望される場合にはその旨を記載してください。
 (3) 研修修了(見込み)証明書:確認後、指導責任医の欄に署名します。
 (4) 返信用の封筒:簡易書留でも結構ですが、レターパックが便利です。

●提出期限:平成28年4月28日 (木)
こちらでも要約に目を通しますので、学会締め切り1月前に設定しています。

●自筆の誓約書を添付してください。
「誓約書 東京大学医学部小児科 教授岡明殿 今回提出する症例要約には虚偽記載はなく、他者が作成した症例要約のいかなる部分をもコピーペーストしておりません。」と手書きし、署名捺印をして提出してください。

告示にあるように「主訴,現病歴,入院時診察所見,検査結果,鑑別診断,入院経過(治療・検査含む),退院後の患児,家族への指示,症例の問題点」に従って記載し、記載もれの項目がないかどうかに注意してください。
また、その他学会への提出書類に遺漏がないか確認してください。

東京大学大学院医学系研究科小児医学講座  岡 明

ページの先頭へ戻る