小児科のご紹介

診療グループ 診療内容

腎臓 / Pediatric Nephrology(診療内容)

対象疾患

学校検尿異常の精密検査
学校検尿や3歳時検尿で異常を指摘された方の精密検査)

糸球体疾患
ネフローゼ症候群(難治性のものを含む)
急性腎炎
慢性腎炎(IgA腎症、膜性増殖性腎炎、膜性腎症など)

尿細管疾患
デント病、尿細管性アシドーシス、腎性尿崩症、ファンコーニ症候群、バーター症候群
ギッテルマン症候群、ロー症候群など

全身の疾患に伴う腎臓病
SLEおよびループス腎炎、紫斑病性腎炎など

尿路感染症および尿路奇形
急性腎盂腎炎、膀胱尿管逆流症など

腎臓の形の異常
嚢胞腎、低形成腎など

腎不全
急性腎不全、慢性腎不全

夜尿症

診療内容

●外来は月、水、金曜日に小児腎臓専門医が診療にあたっています。
私達はこどもの腎臓、尿路に関係する全ての疾患を診療の対象としており、腎炎だけでなく尿細管の病気についても詳しく診療しています。
腎臓病は治療に長期間かかることもあります。
私達は患者さんやご両親の不安な気持ちに十分配慮し、病気があっても出来る限り他のお子さんと同じように生活、発達させてあげるように心を配っています。
お子さんの腎臓、尿路に関して不安に思っていられる方はどなたでも受診ください。
通常の診療だけでなく、遺伝性疾患に関しては遺伝子解析検査やカウンセリングも行っています。

●病棟では、腎炎やネフローゼの患者さんの治療が主体です。
当院には病院附属の養護学校(こだま分教室)が併設されており、ステロイド薬などの治療により一定期間入院される場合も学業を継続することができます。
腎生検などの検査は複数の腎臓専門医が協力して万全を期して行っています。
急性腎不全や慢性腎不全に対しての透析療法も行います。

ページの先頭へ戻る