小児科のご紹介

診療グループ 診療内容

内分泌 / Pediatric Endocrinology(診療内容)

対象疾患

成長障害・下垂体・視床下部疾患
低身長症、成長ホルモン分泌不全性低身長症、汎下垂体機能低下症
腫瘍治療後のホルモン障害、子宮内発育不全による低身長、ターナー症候群
ヌーナン症候群、シルバー・ラッセル症候群、中枢性尿崩症など

甲状腺疾患
新生児マススクリーニングの甲状腺機能異常、先天性甲状腺機能低下症、バセドウ病、橋本病など

副甲状腺疾患、カルシウム・リン代謝疾患
副甲状腺機能低下症、偽性副甲状腺機能低下症、ビタミンD欠乏性くる病
ビタミンD依存性くる病、低リン血症性くる病など

副腎疾患
新生児マススクリーニングの17OHP異常、先天性副腎皮質過形成、副腎皮質機能低下症
クッシング症候群など

性腺疾患
思春期早発症、思春期遅発症、性腺機能低下症、性分化異常症、外性器異常など

糖尿病・低血糖症
1型糖尿病、2型糖尿病、MODY、新生児糖尿病、二次性糖尿病、高インスリン血症性低血糖症

骨系統疾患
軟骨無形成症、軟骨低形成症、骨形成不全症、大理石骨病、低フォスファターゼ症など

その他
先天代謝異常症、糖原病、肥満症、腎性尿崩症、悪性腫瘍治療後にみられる内分泌障害など

診療内容

●内分泌疾患の診療では、身長や体重の成長の問題、思春期や性の問題、甲状腺や副腎のホルモンの問題、くる病などの骨の病気、糖代謝の病気をみております。

●診察時には、これまでの成長の経過を拝見します。今までの成長の記録をすべて(母子手帳、幼稚園・保育園・学校の健康記録等)のご持参をお願い致します。

●検査は血液検査、尿検査、レントゲン撮影などを行います。

●ホルモン負荷試験は各種行っており、状況に応じて外来あるいは入院にて行います。

●治療は、低身長症・ターナー症・SGA性低身長などに対する成長ホルモン療法をはじめ、甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモン、性腺ホルモンなどの各種ホルモン補充療法、抗甲状腺療法や性腺抑制療法、インスリン療法、経口血糖降下薬などすべての内分泌治療を行っています。

●特に、くる病については、国内でも有数の施設となっており、小児整形外科医と連携して、複合的な診断・治療を行っています。遺伝子診断も当施設で行っており、正確な診断が可能です。

●内分泌代謝疾患の遺伝子診断、専門医による遺伝カウンセリングを、各種行っております。
ご希望がありましたら、ご相談ください。

●性分化疾患においては、東大病院内に診療科をまたいだ性分化対応専門チームを設けており、迅速で的確な診療が行える体制があります。

●日々増大していく医学情報のなかで、適格な診断治療を行い、ご本人やご家族の生活を大切にした診療を心がけています。日本内分泌学会専門医、臨床遺伝専門医が診療にあたります。

診療実績

●内分泌負荷試験:30件

●成長ホルモン治療:60例

●骨形成不全のビスフォスフォネート治療:3例

ページの先頭へ戻る