研修単位


以下の各研修単位が認定される予定ですので、学会への参加登録をしていただいた後、各制度の規定により申請ください。

 

A. 日本産業精神保健学会認定 産業精神保健専門職制度単位

【後日手続きのみ】

大会参加証・領収証・プログラム(当該部分のコピーで可)を添え、本人が学会本部(専門職制度委員会)に後日申請する。

詳細は、学会誌の記事または学会ホームページ掲載の規則・細則( http://jsomh.umin.jp/rule.html)を参照下さい。

 

B. 日本医師会認定産業医制度単位

【当日手続き】

手順の概略です。詳細は当日の掲示等にご注意下さい。

受付で「受講票」を受け取り必要事項を記入する(事前連絡いただいた方もお願いします)。

→対象企画に参加する。

→終了後、産業医単位受付にて「受講票」と引き換えに認定シールを交付する。

対象企画と単位数(各企画の参加に対し各単位が認定されます)


    6月26日(金)【最大5単位】

  • ・シンポジウム1:専門2単位
  • ・シンポジウム2:専門2単位
  • ・シンポジウム3:専門1.5単位
  • ・シンポジウム4:専門2単位
  • ・シンポジウム5:専門1.5単位

    6月27日(土)【最大4単位】

  • ・シンポジウム6:専門2単位
  • ・シンポジウム7:専門2単位
  • ・シンポジウム8:専門2単位
  • ・シンポジウム9:専門2単位
  • ・シンポジウム10:専門2単位

 

C. 日本産業衛生学会産業看護職継続教育(実力アップコース)単位

新たな研修単位を検討中のため、今年の大会出席は対象となりません。

 

D. 日本精神神経学会 精神科専門医制度 研修ポイント

【当日手続き】

「精神科専門医認定試験合格者証(ポイントカード)」を必ずご持参下さい。 学会場への入場時刻・退場時刻を記録します。

入場時・退場時ともに「精神科専門医ポイント受付」にポイントカードを提示してください。
ポイントカードを忘れた場合は受付にご相談下さい。

 

E. 臨床心理士有資格者資格更新研修

【後日手続きのみ】

研修ポイントを希望される方は、参加証、領収書を保管の上、各自で日本臨床心理士資格認定協会宛に申請してください。