• TOP
  • 神経内科について
  • 研修・教育システム
  • 地図・交通情報
  • サイトマップ
東京大学医学部附属病院 神経内科

TOP  >  診断・治療に関する研究について

診断・治療に関する研究について

当科で診療を受けられた患者さん及び遺伝子・血清・髄液・筋組織等の検体をご提供頂いた方へ,東京大学医学部附属病院神経内科で行われている研究についてのお知らせです.
下記の各研究をご参照ください.

「ポリマー製フォトニック結晶を用いたアルツハイマー病高感度診断用センサーの開発」へのご協力のお願い

「副腎白質ジストロフィー (ALD) についての遺伝子解析研究」へのご協力のお願い

「免疫性・感染性神経筋疾患についての遺伝子解析研究」へのご協力のお願い

「神経筋変性疾患の遺伝子解析研究」へのご協力のお願い

「多系統萎縮症 (MSA) についての多施設共同大規模遺伝子解析研究」へのご協力のお願い

「ヒト剖検組織を用いた脳神経疾患の病因の解明・治療法の開発に関する 研究」へのご協力のお願い

「ヒト組織を用いた脳神経疾患の病院の解明・治療法の開発に関する研究」へのご協力のお願い

「透明化臓器を対象にした新規分光測定技術の医学応用研究」へのご協力のお願い

「神経・筋疾患の診断,治療に関する後ろ向き観察研究」へのご協力のお願い

「副腎白質ジストロフィー(ALD)についての遺伝子解析研究」へのご協力のお願い


ご質問がある場合は下記にご連絡をお願いいたします.

連絡先

東京大学医学部付属病院 神経内科
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1

  • 教授挨拶
  • 神経内科について
  • 診療時間・外来表
  • 特別外来の紹介
  • 研修・教育システム
  • 地図・交通情報
  • 研究室の紹介
  • 診断・治療に関する観察研究について
  • 孤発性筋萎縮性側索硬化症に対するペランパネルの第II相臨床試験の開始について

ページの上部へ戻る