• TOP
  • 神経内科について
  • 研修・教育システム
  • 地図・交通情報
  • サイトマップ
東京大学医学部附属病院 神経内科

TOP  >  神経内科について

神経内科について

東京大学医学部附属病院の神経内科では,脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気を診療しています.

神経内科のご案内

当科が対象とする疾患や,診療体制,専門性などについてご案内いたします.

対象疾患

当科の対象疾患は,次のようになっています.

  • 神経変性疾患(パーキンソン病,アルツハイマー病,ハンチントン病,筋萎縮性側索硬化症,脊髄小脳変性症など)
  • 免疫性神経疾患(多発性硬化症,ギラン・バレー症候群,重症筋無力症,筋炎など)
  • 感染性疾患(脳炎,髄膜炎など)
  • 血管障害(脳梗塞,脳出血など)
  • 頭痛
  • その他(筋ジストロフィー,てんかん,ミトコンドリア脳筋症など)

その他,対象となる諸症状

  • 手足の動きが悪い,力が入らない,手足が痩せてきた.
  • 手足・口などが意志とは関係なく動く,ふるえる.
  • ふらつく,足が突っ張り歩きにくい,よく転倒をする.
  • 手足がしびれる,感覚が鈍い.
  • 物が二重に見える,瞼が重い.
  • 物忘れが強い,計算ができない,字が読めない・書けない.
  • 呂律が回らない,飲込むときにむせる.
  • 意識がなくなる,けいれんをおこすことがある.
  • 頭痛がする.

診療体制

外来では日本神経学会認定医の資格をもつ専門医が診療を行い,病棟ではこれらの専門医の指導のもとに病棟医が主治医をつとめ,神経疾患の診療の経験豊富な看護婦と共に診療にあたっています.入院症例については,毎週医局員全員が揃う症例検討会で検討のうえ,診療方針を決定しています.

治療方針

初診では詳細な病歴と神経学的所見をとり,必要があれば血液検査やX線検査を行ったり,CT・MRIなどの画像検査や脳波・筋電図などの生理検査を予約します.それらに基づいて治療方針を決定しますが,必要があれば入院して診断と治療を行うこともあります.

得意分野

当科では,神経内科専門医が外来を担当しており,どの担当医も神経内科疾患全般を診療しております.特殊な検査などについては,お互いに適宜コンサルトを行い,最善の診療を行うようにしています.また,主にパーキンソン病患者様を対象として,脳深部刺激療法(Deep brain stimulation:DBS)についてのご相談に応じ,手術の適応について検討するDBS外来も行っております.また,アルツハイマー病をはじめとした認知症性疾患のための専門外来「メモリークリニック」を開設しております.

ページの上部へ戻る