• TOP
  • 神経内科について
  • 研修・教育システム
  • 地図・交通情報
  • サイトマップ
東京大学医学部附属病院 神経内科

TOP  >  研究室の紹介

研究室の紹介

神経内科では神経内科疾患を対象にして、その病態解明、治療法開発、臨床研究を行い、臨床神経学に貢献するような研究をすることを目指しています。内容としては神経疾患の病態解明を目指した分子生物学的研究、分子遺伝学的研究、分子薬理学的研究、病理学的研究、神経生理学的研究、機能画像などを含めた高次脳機能研究など幅広い分野があります。

()は関係スタッフ

神経内科の各研究室紹介

1. 神経変性疾患の分子遺伝学的研究・ゲノム解析(辻省次、石浦浩之、三井純)

様々の技術を駆使して遺伝子診断を迅速に行う方法を開発し、診療応用を進めています。疾患の基礎的研究として,次世代シークエンサーなどによる大規模ゲノム解析を基盤とした遺伝性及び孤発性神経変性疾患の病因、病態機序解明の為の研究,遺伝性疾患・変性疾患の治療法開発の研究を進めています。

2. 神経変性疾患の病態解析・分子標的治療研究(辻省次)

培養細胞系を用いた神経変性疾患の病態機序の解明、分子標的治療の開発を目指した創薬研究を進めております。また独自に確立した神経変性疾患モデルマウスを用いた治療研究を展開しています。

3. 神経生理学的研究(寺尾安生、濱田雅)

経頭蓋磁気刺激法(transcranial magnetic stimulation, TMS)、眼球運動計測、脳波、脳磁図などの神経生理学的検査法、functional MRI、近赤外分光法による神経機能画像を用いて、中枢運動・感覚神経生理に関する基礎的研究、およびパーキンソン病などの運動障害疾患の病態生理解明のための研究を行っています。また反復経頭蓋磁気刺激法を用いたパーキンソン病などの新規治療法の開発、機序解明の研究も進めております。Deep brain stimulationによる大脳基底核疾患の治療に関する研究も行っています。

4. 神経病理学的研究(清水潤)

封入体筋炎の病因解析、多発筋炎・皮膚筋炎の病態機序に関する研究、腓腹神経内のUEA-1陽性求心性C線維の機能に関する研究、生検末梢神経、筋の病理診断を行っています。

5. 神経変性疾患の分子病態研究(岩田淳)

本研究室ではアルツハイマー病、レビー小体型認知症、筋萎縮性側索硬化症などの神経変性疾患の分子病態研究、モデル動物を使用した脳慢性虚血の病態研究を行っています。また、アルツハイマー病の臨床研究を行っています。
詳しくは研究室HPをご覧ください。

6. 神経免疫学的研究(作石かおり)

リンパ球を中心とした免疫担当細胞の機能解析を通して、多発硬化症、視神経脊髄炎をはじめとする炎症性中枢神経疾患、多発筋炎など炎症性筋疾患、並びに重症筋無力症・傍腫瘍性症候群などの免疫介在性神経筋疾患の研究を行っています。免疫学的機序を明らかにすることで、個々の病態に即した治療法の開発を目指します。

7. 高次脳機能研究(林俊宏)

神経機能画像法や神経心理学的手法を用いて,高次脳機能及びその障害と回復の機構に関する研究や認知症疾患の早期診断法の開発を行っています。

  • 教授挨拶
  • 神経内科について
  • 診療時間・外来表
  • 特別外来の紹介
  • 研修・教育システム
  • 地図・交通情報
  • 研究室の紹介
  • 診断・治療に関する観察研究について

ページの上部へ戻る