• TOP
  • 神経内科について
  • 研修・教育システム
  • 地図・交通情報
  • サイトマップ
東京大学医学部附属病院 神経内科

TOP  >  研修・教育システム

研修・教育システム

研修プログラム


初期研修の詳細については,総合研修センターまでお問い合わせ下さい.





医学生の方へ

神経内科の対象とする疾患は,非常に幅が広く,パーキンソン病,脊髄小脳変性症,ハンチントン病,筋萎縮性側索硬化症,認知症性疾患などの神経変性疾患や,多発性硬化症,ギラン・バレー症候群などの免疫性神経疾患,末梢神経疾患,筋疾患,脳血管障害,内科疾患に伴うさまざまな神経疾患など,多くの疾患が含まれます.

これまで,神経内科領域では,原因不明の疾患が多かったですが,この10年間の神経学領域の研究の進歩により,多くの疾患で病因,病態機序の解明が飛躍的に進みました.これからの10年は,これらの病態解明の進んだ神経疾患の治療法確立に向けた研究の発展や,頻度の高い神経疾患の病因や病態機序の解明,多施設共同研究に基づく大規模臨床研究などが飛躍的に発展することが期待されます.一方,高齢化社会の到来に伴い,脳血管障害,認知症,成人病に伴う機能障害をもつ患者さんの数が増加してきており,このような患者さんの診療で中心的役割を果たす神経内科医のニーズはますます高くなってきています.

東大神経内科は神経内科医の育成,診療を基盤とした臨床研究の発展に力を入れ,さらに,神経疾患の解明,克服をめざした最先端の研究を幅広く推進していきたいと考えています.患者さんのために最善を尽くす医療を目指す意欲に溢れた諸君を歓迎します.

研修医の方へ

高齢化社会到来に伴い神経内科医のニーズはますます高くなってきています.また,近年の神経学領域の研究の進歩により多数の神経疾患で病態解明が進み,今後は,さらなる疾患の病態の解明と同時に病態の明らかになった疾患の治療に関する研究の進歩,およびその臨床応用が期待されます.

神経内科は臨床においても研究においても今後の発展が大きく期待される領域です.

東大神経内科は患者さんのために最善を尽くす優秀な神経内科医の育成,さらに神経疾患の解明,克服をめざした最先端の研究を幅広く推進していきたいと考えています.これからの神経学を担う新進気鋭の諸君の入局を歓迎します.

ページの上部へ戻る