プログラム

  • プログラム (pdfファイル 392 kB)
  • ★印付きは学生賞候補演題です


  • 10月16日(金)

    9:20   受付開始

    9:58〜10:00

                開会の挨拶 小泉信滋(安衛研)


    10:00〜12:20

    シンポジウム1  金属生物学の新たな展開

       座長  小椋康光(昭和薬大)、黄 基旭(東北大院・薬)

    S-1   メチル水銀毒性発現に関わる細胞内因子

                ○黄 基旭

                  (東北大院・薬)                                                                        

    S-2   亜鉛トランスポーター研究から見た亜鉛バイオロジー

                ○神戸大朋

                  (京大院・生命科学)

    S-3       銅代謝におけるメタロチオネインの役割

                ○小椋康光

                 (昭和薬大)

    S-4    転写因子の核輸送におけるzinc fingerのdual role

               ○桑原 淳

                (同志社女子大・薬)


    12:20〜13:40 

                昼食

    12:30〜13:30 

                幹事会 (2F 203会議室)


    13:40〜16:00

    シンポジウム2  重金属応答の分子機構

     

      座長  大塚文徳(帝京大・薬)、熊谷嘉人(筑波大院・人間総合科学)

    S-5       細菌の環境金属応答のゲノム制御

                ○石浜 明、小笠原寛、島田友裕、寺本 潤、山本兼由

                   (法政大・生命科学・生命機能)

    S-6       環境ストレス応答シグナル伝達系の役割                                                      

                ○松岡雅人

                   (東京女子医大・医)

    S-7       ヒト細胞の重金属応答の分子機構

                ○小泉信滋

                   (安衛研)

    S-8      Nrf2/Keap1システムを介したヒ素に対する細胞応答・毒性防御戦略

                ○熊谷嘉人

                   (筑波大院・人間総合科学・医学系)


    16:00〜16:15 

                コーヒーブレイク


    16:15〜18:15

    一般講演1

    16:15〜16:55                       

       座長  閔 庚善(大阪大谷大・薬)

    O-1      酸化ストレスに対するアストロサイトでのメタロチオネイン発現はドパミン神経保護的に作用する

                ○宮崎育子、浅沼幹人

                   (岡山大学大学院医歯薬学総合研究科・神経情報学)

    O-2      【研究紹介】 変異SOD1の神経毒性メカニズム -銅親和性と酸化ストレス

                ○岸上 仁、長野清一、佐古田三郎

                   (大阪大学・医・神経内科)

    16:55〜17:35

      座長  武田厚司(静岡県立大・薬)

    O-3    外因性 Mt-I は進行期の筋萎縮性側索硬化症マウスにさえ奏効する

                ○徳田栄一1,2、小野真一1,3

                   (1日本大・薬、2日本学術振興会・特別研究員、3公立阿伎留医療センター・神経内科)

    O-4      【研究紹介】 カドミウムの体内挙動における必須金属代謝およびメタロチオネインの関与

                ○閔 庚善1、Chawanrat Somuek1,2、上田英典1、田中慶一1

                   (1大阪大谷大・薬、2Burapha大・理)

    17:35〜18:15                               

      座長  姫野誠一郎(徳島文理大・薬)

    O-5      亜鉛摂取不足時のうつ様行動と学習行動

                ○玉野春南、武田厚司、伊東宏昌、河村美香、奥 直人

                   (静岡県大・薬、Global COE)

    O-6      【研究紹介】 炎症病態における negative regulator としてのメタロチオネインの役割

                ○井上健一郎1、高野裕久1、島田章則2、田坂定智3、石坂彰敏3、佐藤雅彦4

                   (1国環研、2鳥取大・農・獣医病理、3慶応大・呼内、4愛知学院大・薬)


    18:30〜20:30

                懇親会 (山上会館地下1階・御殿食堂)

                研究奨励賞授与



    10月17日(土)

    9:30〜10:50

    一般講演2

    9:30〜10:10

      座長  木村朋紀(摂南大・薬)

    O-7      【研究紹介】 銅によるDNA構造の調節機構と神経分化

                ○渡邊雅紀

                   (日本大・薬)

    O-8   内因性硫化水素ガスによるメチル水銀毒性の軽減

                ○吉田映子1、外山喬士2、安武 章3、角 大悟1,2、荏柄祐子1、熊谷嘉人1,2

                   (1筑波大・生命環境科学、2筑波大・人間総合科学、3国立水俣研)

    10:10〜10:50

      座長  鍛冶利幸(北陸大・薬)

    O-9   転写因子Nrf2によるメチル水銀の毒性軽減

                ○外山喬士1、安武 章2、熊谷嘉人1

                   (1筑波大・人間総合科学、2国立水俣研)

    O-10    【研究紹介】 転写因子MTF-1の細胞内分布を指標とした重金属応答解析

                ○大塚文徳1、下山多映1、長田洋一1、鈴木 薫2、小泉信滋2

                   (1帝京大・薬、2安衛研)


    10:50〜11:00

               コーヒーブレイク


    11:00〜12:30

    ポスター発表 (2F ポスター会場)

             P-1〜P-38

    12:30〜14:00

                昼食

    14:00〜16:20

    シンポジウム3  メタロチオネインの機能追究と臨床への展望

       座長  保住 功(岐阜大・医)、佐藤雅彦(愛知学院大・薬)

    S-9    メタロチオネイン遺伝子破壊に基づくメタロチオネインの機能追求

                 ○佐藤雅彦

                   (愛知学院大・薬)

    S-10     メタロチオネインのストレス反応への関わり

                 ○佐藤政男、鈴木真也、川上隆茂、門田佳人

                   (徳島文理大学・薬学部・公衆衛生学)

    S-11     神経疾患におけるメタロチオネイン・重金属の役割と治療への展望

                 ○保住 功

                   (岐阜大学・医・神経内科・老年科)

    S-12     メタロチオネインによる筋萎縮性側索硬化症の治療-その理論的背景と展望-

                 ○小野真一1,2、徳田栄一1,3、渡辺俊輔1,4、大川枝里子1,5

                    (1日本大・薬、2公立阿伎留医療センター・神経内科、3日本学術振興会特別研究員、4現 国際医療福祉大・熱海病院、5現 聖マリアンナ医大・川崎市立多摩病院)


    16:20〜16:30

                学生賞・ポスター賞授与

                閉会



    ポスター発表
    10月17日(土)11:00〜12:30
    山上会館 2F ポスター会場
    (ポスターは16〜17日の会期を通して掲示します)


    P-1       新たに作製したメタロチオネインポリクローナル抗体を用いた免疫染色

                   ○中里享美1、菊地弘記2、時田佳治2、中嶋克行1、鈴木慶二3、長嶺竹明1

                   (1群大・保、2群大院・医、3老年病研究所)

    P-2    メタロチオネイン欠損マウスの易肥満性とストレス応答性の関係

                   宮尾真衣、○吉見允貴、鈴木真也、川上隆茂、門田佳人、佐藤政男

                   (徳島文理大・薬)

    P-3    カドミウムイオンによる白色脂肪組織への影響

                ―メタロチオネイン欠損マウスを用いた検討―

                   ○西山佳織、川上隆茂、門田佳人、鈴木真也、佐藤政男

                   (徳島文理大・薬)

    P-4       メタロチオネイン欠損マウス由来脂肪前駆細胞の分化誘導特性

                   ○鈴木信也、川谷英里、堀川祐果、川上隆茂、門田佳人、佐藤政男

                   (徳島文理大・薬)

    P-5       メタロチオネイン欠損マウスにおけるストレス応答性修飾

                    鈴木真也、山本 舞、○佐藤政男

                   (徳島文理大・薬)

    P-6       メタロチオネイン-III欠損マウスにおけるカドミウム精巣毒性の感受性

                   ○本田晶子1,4、小室広明1、長谷川達也2、瀬子義幸2、島田章則3、永瀬久光4、保住 功5、犬塚 貴5、原 英彰4、藤原泰之1、佐藤雅彦1

                        1愛知学院大・薬、 2山梨環境研、3鳥取大獣医病理、4岐阜薬大、5岐阜大院医)

    P-7       脳虚血障害におけるメタロチオネインIIIの役割 -KOマウスを用いた検討-

                   ○香村彰宏1、浜中順也2、嶋澤雅光2、鶴間一寛2、佐藤雅彦3、保住 功1、犬塚 貴1、原 英彰2

                   (1岐阜大・医、2岐阜薬大・薬、3愛知学院大・薬)

    P-8       メタロチオネインIII-KOマウスの行動学的検討

                   ○香村彰宏1、掛札賢一2、嶋澤雅光2、鶴間一寛2、佐藤雅彦3、保住 功1、犬塚 貴1、原 英彰2

                   (1岐阜大・医、2岐阜薬大・薬、3愛知学院大・薬)

    P-9   運動によるマウス脊髄中メタロチオネインの誘導

                   ○橋本和宜、林 祐一、犬塚 貴、保住 功

                   (岐阜大学大学院医学系研究科神経内科・老年学分野)

    P-10     血管構成細胞におけるシロスタゾールによるメタロチオネイン誘導と血管保護作用

                   ○藤原泰之1、坂野博紀1、鍜冶利幸2,3、佐藤雅彦1

                   (1愛知学院大・薬、2北陸大・薬、3北陸大フロンティア)

    P-11  胎生期低亜鉛環境がマウス肝臓のメタロチオネインの誘導能に及ぼす影響

                   ○栗田尚佳1、大迫誠一郎1、吉永 淳2、遠山千春1

                   (1東大・医、2東大・新領域)

    P-12     マウス小脳ミクログリア細胞由来細胞株C8-B4細胞のメタロチオネイン誘導に対する亜鉛とチオサリチル酸の作用

                   ○宮田絵里子1、阪本大和2、市田成志2、南 武志1

                   (1近大・理工、2近大・薬)

    P-13     階層ベイズモデルを用いた乳癌における亜鉛トランスポーターの遺伝子発現量の解析

                   ○齋藤大地1、廣村 信1、榎本秀一1,2

                   (1理研・分子イメ、2岡大・薬)

    P-14     マウス亜鉛トランスポーターZip13の解析

                   ○廣村 信1、齋藤大地1、榎本秀一1,2

                   (1理研・分子イメ、2岡大・院・医歯薬学総合)

    P-15     重金属依存性転写因子MTF-1の核局在における亜鉛フィンガーの役割

                   ○下山多映1、長田洋一1、鈴木 薫2、小泉信滋2、大塚文徳1

                   (1帝京大・薬、2安衛研)

    P-16     シフトウエスタン法を用いた転写因子MTF-1の重金属応答解析

                   ○長田洋一1、下山多映1、鈴木 薫2、小泉信滋2、大塚文徳1

                   (1帝京大・薬、2安衛研)

    P-17     カドミウムによるメタロチオネイン誘導におけるリン酸化シグナル伝達系の役割

                   ○木村朋紀、奥村文香、磯部正和

                   (摂南大・薬)                                                    

    P-18     ミトコンドリア由来活性酸素種はメタロチオネイン遺伝子発現を調節する

                   ○門田佳人1、鈴木真也1、出田聖子1、冨金原由加里1、川上隆茂1、今井浩孝2、中川靖一2、佐藤政男1

                   (1徳島文理大・薬、2北里大・薬)

    P-19     ヒ素によるがん関連遺伝子の発現変化

                    ○山田博朋、鈴木 薫、小泉信滋

                    (安衛研)

    P-20     ヒトヘムオキシゲナーゼ-1遺伝子の重金属応答機構

                    ○鈴木 薫、小泉信滋

                    (安衛研)

    P-21   HepG2細胞における転写因子Nrf2を介したHO-1によるヒ素の毒性軽減

                   ○安孫子ユミ1、角 大悟2、熊谷嘉人1

                   (1筑波大・生命環境科学、2徳島文理大・薬)

    P-22   メタロチオネイン欠損近位尿細管不死化細胞におけるカドミウムによるNrf2活性化の亢進

                   ○小山知博、藤代 瞳、角 大悟、姫野誠一郎

                   (徳島文理大・薬)

    P-23     カドミウムが時計遺伝子Periodの発現に与える影響

                   ○三浦伸彦

                   (安衛研)

    P-24     胎盤細胞の金属輸送系および性ホルモン合成系に対する必須金属栄養状態変化の影響

                   ○上田英典、閔 庚善、田中慶一

                   (大阪大谷大・薬)

    P-25  核内銅結合タンパク質PSFとパーキンソン病関連タンパク質DJ-1のDNA topoisomerase Iに対する相反的作用と神経細胞毒性との関連

                   ○南雲昭人、中島隆良、渡邊雅紀

                   (日本大・薬)

    P-26     マウス線維芽細胞における銅制御タンパク質Commd1の機能解明

                   ○平岡大祐1、宮山貴光2、阿南弥寿美1、小椋康光2

                   (1千葉大院・薬、2昭和薬大)

    P-27     マウス腎臓の近位尿細管由来不死化細胞におけるカドミウムの輸送機構

                   ○三好亜依、藤代 瞳、姫野誠一郎

                   (徳島文理大・薬)

    P-28   カドミウムによるユビキチン関連酵素の発現抑制を介したp53依存性アポトーシスの誘導

                   ○徳本真紀1,2、藤原泰之2、長谷川達也3、瀬子義幸3、永瀬久光1、佐藤雅彦2

                    (1岐阜薬大、2愛知学院大・薬、3山梨環境研)           

    P-29   さまざまな組織由来のラット細胞株におけるカドミウムとマンガンの毒性・輸送機構の比較

                   ○土肥美和子、藤代 瞳、角 大悟、姫野誠一郎

                    (徳島文理大・薬)

    P-30     マウス小脳初代培養細胞に対するチメロサールとその代謝物の作用

                   ○南 武志1、吉田 舞1、滝宮康夫1、宮田絵里子1、阪本大和2、市田成志2    

                    (1近大・理工、2近大・薬)

    P-31     メチル水銀毒性増強蛋白質Whi2のプロテアソームでの分解調節におけるUbp6およびRpn10の役割

                    木村幸由、黄 基旭、○永沼 章

                    (東北大院・薬)

    P-32     ユビキチン前駆体Ubi4によるメチル水銀毒性増強機構

                   ○黄 基旭、中島晶子、石川円華、永沼 章

                   (東北大院・薬)

    P-33     ジフェニルアルシン酸による細胞内グルタミナーゼ発現低下機構

                   ○北 加代子、鈴木俊英、越智崇文

                   (帝京大・薬)

    P-34     1型プロテインホスファターゼの活性低下による亜ヒ酸毒性増強メカニズムの解析

                   ○高橋 勉、宮永直幸、矢野とおみ、永沼 章

                   (東北大院・薬)

    P-35     ヒ素長期曝露マウスの肝臓でみられた脂質代謝異常と肝組織中鉄の増加

                   ○西村典子1、梅津豊司2、西村久雄3、野原恵子4

                   (1環境研・リスク、2環境研・化学、3愛知みずほ大学・人間科学、4環境研・健康)

    P-36     バナジウム反復経口投与マウスの毒性発現に与える高脂肪食の影響

                   ○長谷川達也1、外川雅子1、鳥居国政2、本田晶子3、佐藤雅彦3、島田章則4、瀬子義幸1

                       1山梨環境研、2JAC、3愛知学院大・薬、4鳥取大・獣医)

    P-37     ラット神経幹細胞を用いたトリブチルスズの発生毒性評価

                   ○鈴木純子、石堂正美

                   (国立環境研)

    P-38     金化合物投与によるマウス組織内金結合物質の探索

                   ○小浜 梓1、宮田絵里子1、阪本大和2、市田成志2、南 武志1

                    (1近畿大・理工、2近畿大・薬)


Created by N. Miura using ez-HTML