研究会の概要

メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2009

多数のご参加、活発なディスカッションをありがとうございました。
奨励賞、学生賞、ポスター賞の受賞者名および写真を公開しました。「受賞者一覧」のページをご覧下さい。

日時:2009年(平成21年)10月16日(金)・17日(土)
場所:東京大学・山上会館

主催メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会
協賛日本薬学会、日本生化学会、日本衛生学会、日本産業衛生学会、日本トキシコロジー学会、 日本環境化学会、日本免疫毒性学会

 本研究会では、重金属結合タンパク質のメタロチオネイン、ならびに関連する金属と 様々な生命現象との関わりについて研究・討論を行っています。
 今回の研究会では、金属が関与する生命現象についての機能的あるいは制御的視点からの解析、 メタロチオネインに関する先端的研究とその臨床応用への展望を主なテーマとして 議論を深め、あわせて若い金属研究者の育成に貢献できる場としたいと考えています。


★シンポジウム
 上記のテーマに沿って、3件のシンポジウムを企画しました。
  1. 金属生物学の新たな展開
  2. 重金属応答の分子機構
  3. メタロチオネインの機能追究と臨床への展望

★一般演題
メタロチオネイン、および金属と生命現象との関わりに関する広い範囲の話題について議論します。
【一般口演】口演10分
【研究紹介】テーマや時間の都合上、シンポジストをお願いできる人数には限りがあります。 これを補うため、一般演題よりは時間をとって研究内容を紹介したい演題向けに20分の口演枠を設けました。
【ポスター】会期中2日に渡り掲示

★表彰
【研究奨励賞】「メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究奨励賞」の表彰を行います。
【ポスター賞】会場でのポスター賞選考・表彰を行います。
【学生賞】学部学生および大学院生の方の研究奨励のため、「学生賞」の表彰を行います。

連絡先
〒214-8585 神奈川県川崎市多摩区長尾6-21-1
(独)労働安全衛生総合研究所内
メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2009事務局
担当:鈴木 薫、小泉信滋
Tel:044-865-6111(PHS 8232) E-mail:mt2009@h.jniosh.go.jp
URL: http://square.umin.ac.jp/mt-metal/MeetingHP/MT2009/MT2009_index.html

メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2009
実行委員長 (独)労働安全衛生総合研究所 小泉信滋

Created by N. Miura using ez-HTML