どのような矯正歯科医なのでしょうか? 

当院は2006年11月に開院しました。
院長、副院長とも、昭和大学歯科矯正学教室にて、研究、学生教育、若手矯正歯科医の育成を行ってきました。 大学病院では多くの場合、2人以上の担当医で治療します。指導者と若手医師が連名で治療するということなのです。 その際、”指導医”の資格が必要です。 

当クリニックは日本矯正歯科学会の指定する、 認定医および指導医がすべての治療を行います。認定医については、日本矯正歯科学会のホームページで確認できます。指導医に関しては、大学病院での指導歴等がないと資格取得ができないことと治療内容との関連性が無い(治療よりも研究重視な人もいる)とのことで記載がありません。

 

院長略歴

1988 日本歯科大学卒業・昭和大学矯正科入局
1989 昭和大学歯学部歯学研究科大学院入学:顎矯正歯科専攻
1992 スペースシャトル利用実験(毛利衛氏搭乗時)
1993 大学院修了・博士号取得(甲1063号、昭和大学)
1993 日本矯正歯科学会 認定医取得
1999 日本矯正歯科学会 広報委員
2001~日本口蓋裂学会IT委員・日本矯正歯科学会 指導医取得
2006~日本医歯薬研修協会 顧問・専任講師
2011~2016 千葉大学医学部兼任講師
2008- 南2丁目町会役員
2010- 碑文谷町会青年部/大岡山東住区実行役員
2011- 主任児童委員(厚生労働省)
2020 国勢調査調査員(総務省)

文部科学省科学研究費取得研究

新生骨への歯の移動・歯牙移植における超音波と血管内皮増殖因子の骨成熟促進作用
研究期間 : 2001年度~2002年度
研究種目: 奨励研究(A)→若手研究(B)
研究機関: 昭和大学

3Dモデルを用いたバイオメカニカルシミュレーションシステムの開発研究
研究課題番号:09771862
研究種目: 奨励研究(A)
研究機関: 昭和大学

3Dソリットモデルを用いた顎機能評価システムの開発研究
研究課題番号:08771985
研究期間 : 1996年度
研究種目: 奨励研究(A)
研究機関: 昭和大学

力学解析を導入した口蓋裂治療支援システムの構築
研究課題番号:09470475
研究期間 : 1997年度~1998年度
研究種目: 基盤研究(B)
研究機関: 昭和大学
研究分担者等 : 三河 雅敏


成長発育に伴った咀嚼機能の変化と顎骨のバイオメカニクス
研究課題番号:07838036
研究期間 : 1995年度~1996年度
研究分野: 咀嚼
研究種目: 一般研究(C)→基盤研究(C)
研究機関: 昭和大学
研究分担者等 : 三河 雅敏

超音波診断装置を用いた咀嚼筋の組織特性評価に関する研究
研究課題番号:09672119
濱崎(三河) 泰代 → 槇 宏太郎(大学退職に伴ない、共同研究者に変更)
研究期間 : 1997年度~1999年度
研究分野: 矯正・小児・社会系歯学
研究種目: 基盤研究(C)
研究機関: 昭和大学