院長、副院長とも、昭和大学歯科矯正学教室にて、研究、学生教育、若手矯正歯科医の育成を行ってきました。 大学病院では多くの場合、2人以上の担当医で治療します。指導者と若手医師が連名で治療するということなのです。 その際、”指導医”の資格が必要です。 当クリニックは日本矯正歯科学会の指定する、 認定医および指導医がすべての治療を行います。



院長略歴

1988 日本歯科大学卒業・昭和大学矯正科入局
1989 昭和大学歯学部歯学研究科大学院入学:顎矯正歯科専攻
1992 スペースシャトル利用実験(毛利衛氏搭乗時)
1993 大学院修了・博士号取得(甲1063号、昭和大学)
1993 日本矯正歯科学会 認定医取得
1999 日本矯正歯科学会 広報委員
2001~日本口蓋裂学会IT委員・日本矯正歯科学会 指導医取得
2006~日本医歯薬研修協会 顧問・専任講師
2011~2016    千葉大学医学部兼任講師

【活動・所属団体など】

アイメイト協会:パピーウォーカーです。繁殖奉仕犬の養育家庭です。

主任児童委員:2014年1月より厚生労働大臣から委嘱されました。地域の子どもを見守ります。
あなたの街の消防団: 目黒第9分団に所属しております。
碑文谷町会: 碑文谷町会青年部員として町の活動に参加しています。
目黒区南2丁目町会: 町会役員として町の活動に参加しています。
アメリカ矯正歯科医会。 : 国際会員です。アメリカ矯正歯科学会と書いてあることが多いですが。
これは患者さん向け情報サイトです。 ほかに、矯正医向けサイトもあります。
日本矯正歯科学会 : 学会ホームページの立ち上げには院長も協力していました。
日本口蓋裂学会: 学会の運営組織の一員として活動しています。
目黒区歯科医師会: 当クリニックは会員です。目黒区の歯科医師会。上部組織は東京都歯科医師会
3Mユニテク: 当院が使用している材料のメーカーです。
フォレスタデント: ドイツのメーカー。当院が使用している材料のメーカーです。

【研究業績】
文部科学省科学研究費取得研究)

【院長】

新生骨への歯の移動・歯牙移植における超音波と血管内皮増殖因子の骨成熟促進作用

研究期間 : 2001年度~2002年度
研究種目: 奨励研究(A)→若手研究(B)
研究機関: 昭和大学

3Dモデルを用いたバイオメカニカルシミュレーションシステムの開発研究
研究課題番号:09771862

研究種目: 奨励研究(A)
研究機関: 昭和大学

3Dソリットモデルを用いた顎機能評価システムの開発研究
研究課題番号:08771985
研究期間 : 1996年度
研究種目: 奨励研究(A)
研究機関: 昭和大学

力学解析を導入した口蓋裂治療支援システムの構築
研究課題番号:09470475
研究期間 : 1997年度~1998年度
研究種目: 基盤研究(B)
研究機関: 昭和大学
研究分担者等 : 三河 雅敏


成長発育に伴った咀嚼機能の変化と顎骨のバイオメカニクス
研究課題番号:07838036
研究期間 : 1995年度~1996年度
研究分野: 咀嚼
研究種目: 一般研究(C)→基盤研究(C)
研究機関: 昭和大学
研究分担者等 : 三河 雅敏



【副院長】

超音波診断装置を用いた咀嚼筋の組織特性評価に関する研究
研究課題番号:09672119
濱崎(三河) 泰代 → 槇 宏太郎
研究期間 : 1997年度~1999年度
研究分野: 矯正・小児・社会系歯学
研究種目: 基盤研究(C)
研究機関: 昭和大学