当クリニックでの治療例です。

不正咬合は治ります。治します。


8歳より治療を開始した前歯の反対咬合症例

「前歯が逆の咬みあわせ(反対咬合)が心配」ということで治療を開始しました。
第一期治療で、上顎・下顎の成長をコントロールし骨の大きさのバランスを整えます。この段階では、一般的にブラケット(いわゆる矯正の金具)の装着は行わないか、最小限にとどめます。 第二期治療で金具を装着して永久歯の咬みあわせを整えます。
none
     初診時     第一期治療終了    第二期治療終了

成人の叢生(でこぼこ)症例

成人の場合は、歯がすでに摩耗していたり、虫歯になっていたりと条件が若干悪くなることが多いです。しかし、将来のことを考えれば.....
上段は治療前、下段は治療後です。 none

他院からの転医症例

セカンドオピニオンで来院され、転医された症例です。初診時では下あごの前歯が見えません。
上段は治療前、下段は治療後です。
手術を併用しなくてもここまで変われるのです。
none