こんな感じだったら矯正歯科専門医へ...


子どもの矯正治療

アメリカ矯正学会は7歳、日本矯正学会では9歳で矯正相談に行くことを勧めています。最近、小学校の低学年で本格的なブレイスとワイヤーをつけているのを見かけますが、永久歯が生えきらない子どもたちにはお勧めしたくない装置です。 小学校の低学年では歯の根が未完成で成長を妨げるからです。骨格に問題がない場合には永久歯が生えそろうのを待って中学生のころに本格的な治療をするのが理想です。 将来、矯正治療が必要でも、すぐに治療する必要のない場合には1年に一度の健診をして一番良い時期に治療をスタートしましょう。



サンプル画像

PROBLEMS TO WATCH FOR IN SEVEN YEAR OLDS
(7歳児の注意すべき症状;アメリカ矯正歯科医会(AAO)編)より引用・改変

大人の矯正治療

「子どもの頃から歯並びが悪いのは気になっていたのですが、治療のチャンスがなかったんです」と大人になってから治療を始める方も増えています。 以前は「矯正治療は子どもがするもの」と考えられていたようですが、治療は大人になってからでもできます。子どものように目立つ装置は使えせんし、新陳代謝が旺盛な成長期と比較すると治療期間は少し長くかかります。 しかし、治療の仕上がりには十分満足の行く結果が得られるため、綺麗になりたいという女性の方が中心に男性にも成人矯正が浸透してきています。 成人矯正の需要が高くなるにつれて日本でも審美ブラケットや舌側矯正を希望する方が増えてきました。
審美ブラケット
歯に付ける白いブレイスのことを審美ブラケットと呼んでいます。
素材はプラスティックでできている安価なものもありますが、治療を効率的に進めるためにクリニックではセラミックスのものを使用しています。
舌側矯正
舌側に装置をつけて治療することもできます。

学童期の矯正治療


骨格の問題にアプローチします。
かみ合わせがあごの変形を起こす兆しがあれば歯を動かします。
成長をコントロールする代表的な装置として上顎牽引装置、ヘッドギアがあります。

【上顎牽引装置】
反対咬合であごの成長が弱い場合 上あごの成長を助ける装置を使います。

【ヘッドギア】
出っ歯の症状が強く下あごの成長とのバランスが良くない場合 上あごの成長を抑制したり 下あごの成長を助けてあごのバランスを取ります。
*成長のコントロールに用いられるもっとも代表的な2つの装置です。
この他にもたくさんの装置があり患者さんの症状に合った装置を使っていきます。




連絡先: 03-6421-8998

診療日: 祝祭日に関係なく 
      月 水 金 土 日

メール: info@orthodont.org