• 『保健医療社会学論集』 論文執筆要項

論文執筆要項

1.原稿の体裁

本誌はB5判2段組に製本されるが、原稿は以下の要領によりA4判1段組で作成すること。
タイトルページの上部の欄外部分におけるDOIの記載、見出しの階層化等、論文の体裁の最終的な調整に関しては、編集委員会によってなされるが、投稿者は校正時に確認して意見を述べることができる。

(1)1ページの字数
 40字×40行(横書き)、左右余白30mm、上余白20mm、下余白30mm

(2)題目、本文等の書式

和文題目(中央揃え、14p、ボールド)
英文題目(中央揃え、10.5p)
執筆者名(中央揃え、10.5p)
※右肩に片丸かっこ付き算用数字で所属を表示する番号を記載すること
所 属 名(中央揃え、9p)
※左肩に執筆者名の右肩の片丸かっこ付き算用数字に対応させた番号記載すること
※※上記様式での番号記載が困難な場合は、左肩でなく左に表記することでもよい
執筆者名
ローマ字
(中央揃え、10.5p)
和文要約(400字以内、9p)
キーワード(5個以内、9p、ゴシック)
小見出し(10.5p、ゴシック)
本  文(引用部分も含む)(10.5p)
補  注(8p)
引用文献(8p)
英文要約(論文の末尾、10行以内、10p)
執筆者連絡先(アルファベット表記の氏名〔原則として1名〕と電子メールアドレス、1行以内、10p)

2.記述上の約束事

本誌の原稿執筆方式は、原則として、日本社会学会の「社会学評論スタイルガイド第2版」に準拠する。ただし、以下の(1)、(2)、(3)、(5)、(7)については、そのかぎりではない。なお、「社会学評論スタイルガイド第2版」はウェブ上で参照できるので確認すること(URL  http://www.gakkai.ne.jp/jss/bulletin/guide.php)。また、英語の論文を投稿する場合には、日本社会学会機関誌『IJJS(International Journal of Japanese Sociology)』のNotes for Contributorsを参照のこと(URL http://www.gakkai.ne.jp/jss/bulletin/ijjsindex.php#ijjs2)。

  • (1) 小見出しの数字は、Ⅰ 1 (1) の順に使用する。
  • (2) 本文中の句読点は 、 。 (全角)を用いること。
  • (3) 本文への補注を必要とする場合は、(1)(2)(3)…の記号で該当箇所に右肩に示し、「補注」として引用文献リストの前に一括して記載すること。
  • (4) 引用表記は、引用文献リストと連動させ、(著者名 出版年)や(著者名 出版年: 引用ページ数)のかたちで表記する。著者名は姓だけを記載する。著者名と出版年のあいだには半角のスペースを入れる。引用表記のカッコは全角の丸カッコ(  )を用いる。数字は半角を用いる。
     例 (山崎 2008)、(山崎 2008:30-35)
    同一著者の同じ出版年の文献が複数ある場合には、出版年の後にa, b… と小文字のアルファベットを順につけて区別する。
     例 (朝倉 2009a)、(朝倉 2009b)
    共著の場合は、邦文文献の場合は著者をナカグロでつなぎ、英語の文献の場合は著者をandでつなぐ(独語の文献の場合はund、仏語の文献の場合はet、等々)ただし、著者が3名以上いる場合は「ほか」「et al.」とする。
     例 (姉崎・米林 1982)、(Cockerham and Gllasser 2001)、(宮島ほか1985)

    引用文献は一括して補注の後に1行あけて「引用文献」として和文の文献も欧文の文献も含めてすべての文献を、著者または編著(共著・共編書の場合は筆頭者)の姓のアルファベット順にリストアップする。通巻頁を用いている雑誌では号数を省略することができる。なお、雑誌名は省略しないこと。出版年は西暦を用いる。数字は半角を用いる。各項の区切りは全角の「,」、末尾には「.」を用いる。

    ・雑誌論文の場合
    著者名,出版年,「論文名」『雑誌名』巻(号):論文の初頁‐終頁.
     例 山崎喜比古,2001,「21世紀日本の健康社会学の理論と方法」『保健医療社会学論集』11(2): 8-18.

    ・著書の場合
    著者名,出版年,『書名』出版社名.
     例 宮島喬・梶田孝道・伊藤るり,1985,『先進社会のジレンマ』有斐閣.
       (欧文の場合) 著者名,出版年,タイトル,出版都市名: 出版社名.
     例 Cockerham, W. and Glasser, M., 2000, Readings in Medical Sociology (2nd Edition), Upper Saddle River: Prentice Hall.

    ・編書中の論文の場合
    編者名の後に「編」の字を入れる。著者名,出版年,「論文名」編者名編『書名』出版社名,論文の初頁‐終頁.

    ・翻訳書・翻訳論文
    外国語文献の和訳を引用する場合には、原典の書誌情報を記載し、次に全角の丸カッコ内に(= .)と和訳の書誌情報を記載する。
     例 Antonovsky, A., 1987, Unraveling the Mystery of Health, San Francisco: Jossey-Bass Publishers.(=2001,山崎喜比古・吉井清子監訳『健康の謎を解く』有信堂高文社.)
    ・電子メディア情報の場合
    著者名, 最終更新年,「当該情報のタイトル」,ウェブサイト名,(取得年月日,URL).
     例 日本社会学会,2006,「日本社会学会倫理綱領にもとづく研究指針」,日本社会学会ホームページ,(2009年2月2日取得,http://www.gakkai.ne.jp/jss/about/shishin.pdf
    その他、電子化された資料については、「社会学評論スタイルガイド第2版 4.5 電子化された資料」を参照のこと。
  • (5) 参考文献はあげないこと。
  • (6) 図、表、写真等の挿入
    • a. 図、表、写真等を挿入する場合は、原稿の該当箇所にきちんと挿入し、写真はJPEG形式の電子ファイルを添付すること。写真はモノクロで印刷される。
    • b. 図や文字は、B5判に縮小されることを考えて、大きさを選択すること。図や表に関しては、2段組ではなく1段組での印刷となる場合もあるが、その判断は編集側が行う。
    • c. 図、表、写真等を他の著作物から引用する場合は、出典を必ず明記すること。他者が作成した図、表、写真等を使用する場合は、原著作者または著作権保持者から使用許可を得ること。
    • d. 図・表の番号は図1、図2…、表1、表2…のように示し、図と表のそれぞれについては通し番号をつける。図表には必ずタイトルを付け、原則として図では下に、表では上に記すこと。
  • (7)文献表における4倍ダッシュの不使用
    「社会学評論スタイルガイド第2版」の記載にかかわらず、文献表において、同一著者の文献が連続する場合も、4倍ダッシュによる著者名記載の省略は行わない。全ての著者名記載は、そのままの著者名を実際に記載する形によって行う。

3. 論文の長さ

原稿の長さは、投稿規程に従い、原稿の種類ごとの制限頁数以内とする。依頼原稿の場合には、依頼時に指定した制限頁数以内とする。

4. 倫理的配慮

論文の内容が倫理的配慮を必要とする場合は、必ず「方法」の項に倫理的配慮をどのように行ったかを記載すること。

付則

  1. 本執筆要項は2016年6月27日より改正施行する。
  2. 本執筆要項の改廃は編集委員会の議を経て編集委員会が決定する。