• 園田賞:保健医療社会学論集

園田賞

 園田賞は、本学会の会長を2期、大会長を2度務められ、本学会の元名誉会員である、故園田恭一先生のご遺族からのご寄付の申し出に基づき、園田先生のご遺志に添うべく若手の保健医療社会学者の育成に資するために、2012年に創設された学会奨励賞である。
 若手研究者の研究奨励を目的とした奨励賞自体は、2006年度に設置されているが、2012年度の理事会において、寄付金を特別会計化して「園田恭一基金」とし、この奨励賞の運営資金に充当すること、2013年度からこの奨励賞の名称を「園田賞」とすることが決定された。
 対象となるのは、当該年度に発行された本学会機関誌『保健医療社会学論集』に掲載された若手研究者による論文(総説、原著、研究ノート)であり、「若手研究者」とは、著者(共著の場合は筆頭著者と読みかえる)の年齢が35歳未満であるか、また研究歴が10年未満とみなせるものを指す。

歴代受賞者

第11回学会奨励賞(2016年) 野島 那津子
(第27巻2号掲載診断のパラドックス――筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群及び線維筋痛症を患う人々における診断の効果と限界)

第10回学会奨励賞(2015年)  岡田 祥子
(第26巻2号掲載 「利用者と保護者双方へのケアの論理 ―知的障害者通所施設職員の語りから―」)

第9回学会奨励賞(2014年)  石田 絵美子
(第25巻1号掲載 「筋ジストロフィー病棟に暮らす患者たちの経験 ―青年期の患者たちとスタッフの「かかわり」の経験に注目して―」)

第8回学会奨励賞(2013年) 南 貴子
(第24巻1号掲載 「生殖補助医療の法制度化において「取り残された子」の出自を知る権利――オーストラリア・ビクトリア州の新たな試み――」)

第7回学会奨励賞(2012年) 京極 重智
(第23巻2号掲載 「「認知症高齢者の世界」に「寄り添う」ことへの一考察」)

第6回学会奨励賞(2011年) 木下 衆
(第22巻2号掲載 「家族会における 「認知症」 の概念分析―介護家族による 「認知症」 の構築とトラブル修復―」)

第5回学会奨励賞(2010年) 桑畑 洋一郎
(第21巻2号掲載 「ハンセン病療養所退所者の医療利用実践――沖縄の療養所退所者を事例として――」)

第4回学会奨励賞(2009年) 該当者なし

第3回学会奨励賞(2008年) 川北 稔
(第19巻1号掲載 「水俣病補償制度への申請と『病いの体験』―関西訴訟判決後の申請行動の背景―」)

第2回学会奨励賞(2007年) 林田 康子
(第18巻2号掲載 「精神科作業療法における能力と援助の関係について――相互行為における教育的フレームの成立――」)

第1回学会奨励賞(2006年) 浦野 慶子
(第17巻1号掲載 「ソーシャル・キャピタルをめぐる保健医療社会学の研究展開」)