• 研究会

~開催のお知らせ~

2018年度第2回定例研究会(関西)
日時:2019年3月21日(木・祝)14:00~16:30
場所:神戸市立婦人会館(JR神戸駅/市営地下鉄大倉山駅下車)
   https://kobe-fujin.jimdo.com/
報告:「医療専門職の働き方と連携―イギリスからの示唆―」
報告者:白瀬由美香さん(一橋大学大学院社会学研究科)
報告概要:
本報告では、過去20年間で医療専門職の大幅な労働時間短縮を実現したイギリスを事例として、その背景と医療専門職の働き方や連携のありかたの変化について検討を行う。
イギリスでは1998年からEU労働時間指令が国内法に反映され、一部の適用除外は認められていたものの、週48時間以内の労働、24時間につき連続11時間の休養、7日間につき連続24時間の休養、年間28日間の有給休暇などが医療専門職にも適用されることになった。また、同時期には外国人の医療専門職が増加し、医薬品の処方権を拡大するなど医師から他の職種へのタスク・シフティングも見られ、さらには補助職資格の新設も進められた。
こうした変化がイギリス医療に何をもたらしたのかを踏まえ、日本への示唆を議論する場としたい。