• 国際交流

国際交流活動

本学会では国際交流委員会において会員向けへの関連学会の情報提供等を行っております。特に国際社会学会(ISA)のRC15とは協力的な関係を築き、会員の国際学会での発表支援やRC15(健康社会学)の主要な研究者の招聘などにも取り組んでいます。また会員の皆様からの情報提供も歓迎いたします。

来日される海外研究者ご紹介のお願い

海外研究者(保健医療社会学者に限らず、社会疫学、WHO、JICAなど幅広く)の来日の情報提供を、国際交流委員会にお知らせください。
本学会員と情報共有をしたいと思います。随時受け付けておりますので、学会事務局までご連絡のほど、よろしくお願いいたします。

関連情報

ISA関連はこちら


<国際学会参加報告>

東アジア社会学会(EASA)第一回設立大会 参加報告

ICCH (International Conference on Communication in Healthcare)参加報告

「欧州医学教育学会(AMEE)参加報告(2017年8月26-30日)国際交流委員会 孫大輔(東京大学)


<国際学会開催情報>

● 国際シンポジウム
タイトル:「医療社会学における比較と協同(International comparison and collaboration in medical sociology)」
開催日時:2019年8月20日
開催場所:カーディフ大学社会科学部
概要・参加登録ページ(シンポは英語で行われますが、カーディフ大学のルール上の理由で、当ページの上半分はウェールズ語で、下半分が英語となっています): https://www.eventbrite.com/e/one-day-symposium-international-comparison-and-collaboration-in-medical-sociology-registration-63213179321?aff=
● 第4回ISA社会学フォーラム
2020年7月14日~18日に、ブラジルのポルトアレグレで開催されます。
「Challenges of the 21st Century: Democracy, Environment, Inequalities, Intersectionality」がテーマとなっています。
 セッション応募期間:2019年2月4日~3月15日
 詳細はこちら
● 第1回東アジア社会学会(EASA)
2017年10月に設立された学会の第1回設立記念大会が2019年3月8-9日、中央大学駿河台記念館で開催されます。
2018年12月18日に、Sociology of HealthのResearch Network設置も承認されました。抄録応募は昨年末で締め切られていますが、国内ですので、ご参加だけでもご検討ください。
 詳細はこちらおよびこちら
● 欧州医学教育学会(AMEE)
2019年8月24日~28日に、オーストリアのウィーンで開催されます。
医療者教育における行動科学教育への関心か高まる中、行動科学、社会学の専門家との共同研究も増えています。以前の大会の参加報告も本学会HPに掲載されています。
 抄録締切:2019年2月6日
 詳細はこちら
● The Society for Social Studies of Science (4S)
2019年9月4日~9月7日に、アメリカのニューオーリンズで開催されます。
科学技術社会論(Science, technology and society: STS)の国際学会ですが、医学・医療、公衆衛生に関する発表も毎年あります。
 抄録締切:2019年2月1日
 詳細はこちら
● 第17回International Conference on Communication in Healthcare(ICCH)
2019年10月27日~30日に、アメリカのサンディエゴで開催されます。
臨床、医学教育、社会学、心理学、コミュニケーション学など様々な専門領域から、保健医療におけるコミュニケーションに関心をもつ研究者が集まる学会です。以前の大会の参加報告 も本学会HPに掲載されています。
 抄録応募:2019年2月開始予定
 詳細はこちら

関連規定等