失敗から学ぶ文化 vs 引き返す勇気

失敗から学ぶ文化の有無は、組織の可塑性・継続性(→結局それが頑健性に繋がる)を決定します。医師集団の中にも今でも傲慢な人はたくさんいますが、医療の分野では、失敗から学ぶ文化は伝統として受け継がれてきました。

一方、警察・検察・裁判所は、市民の無謬性信仰・裁判真理教をむさぼってここまでやってきました。ちょうど帝国陸海軍が帝国臣民が信仰する不敗神話に全面的に依存していたように。その無謬性信仰が崩壊する臨界点がいつ、どのようにしてやってくるのか?金王朝の崩壊の前か後か?、ベルリンの壁崩壊のように、ある日突然やってくるのか?それは誰にもわかりません。

でも臨界点がいつどうやってやってくるのかなんて実はどうでもいいことなのです。大切なのは、今、我々がこうしている間にも、警察・検察・裁判所に対する市民の無謬性信仰は徐々に、しかし着実に崩壊に向かっていて、決して後戻りすることはない、つまり「時間の問題」だということです。

なぜ、後戻りすることはないと断言できるかと言いますと、警察も検察も裁判所も、「引き返す勇気」さえない、意気地無しの虚弱な組織だからです。本来なら失敗から学ぶのに勇気など不要なのです。だって失敗から学ぶことが機能するためには、それが勇気とは無縁の文化となっているはずだから。

一般市民としての医師と法 に戻る