2001年度臨床倫理討論


症例5)末期癌患者への告知(本当に告げることは必要か)

【症例】
71歳の女性。肺癌の骨転移を認めている為、積極的な治療は行わず、疼痛管理目的
で入院していた。肺癌を指摘されたのは、2年前で、その時点ですでに骨転移を来し
ており、余命は余り長くないという医師の言葉を聞いたご主人の強い希望で、本人へ
の告知はしないこととされていた。本人には、腰部や下肢に疼痛があることより、
「神経の病気」と伝えてある。その後、病勢は徐々に進行したものの、当初考られて
いたよりも長い経過となった。経過が長くなっても、本人は自分の病状について詳し
く医療スタッフにも家族にも尋ねることはなかった。
ご主人は最初に告知しなかったことに対して、大きな引け目を感じているようだった。
「しかし、今更言えない。」とご主人の考えは変わらないまま、患者は亡くなった。
最後まで、彼女は自分の病気について本当のことを知らないままだった。
(HP上の事例は、患者さんのプライバシーを守るため内容を変更して提示します)

【問い】
病状を知らない患者と医療スタッフの間に本当の意味での信頼関係は生れ得るのだろ
うか?



【1回目の討論の話題と次回迄の課題】
 この患者は、自分の病気について説明されないことに、特別に強い不信感も持って
いるようにも見えないかった。こういう最期を送る日本人の患者は多いのかもしれず、
それが必ずしも悪い終末期ケアだとは言えないのではないか。
次回迄に日本人の死の迎え方や日本のターミナルケアの特徴について調べてくる。


臨床倫理のページにもどる
白浜雅司のホームページの表紙にもどる

それぞれの症例にコメントのある方はぜひぜひ下記の私のメールアドレスにコメントのメールをください。
また関心のある方はメールアドレスを教えていただければ、次回より検討する最新の症例をこちらからお送りします。

(連絡先)
白浜雅司
E-mail:HQC00330@nifty.ne.jp
〒842-0301佐賀県神埼郡三瀬村大字三瀬2615
三瀬村国民健康保険診療所
TEL0952-56-2001、FAX0952-56-2912