1997年度の討論



佐賀医大の学生と行った討論のまとめを掲載します。
それぞれの症例の内容は患者のプライバシーを守るため内容を一部改編しています、またこの症例を特別に引用する際は、プライバシーと著作権の問題が出てきますので臨床倫理のページの責任者である白浜雅司へ御覧ください。



症例1    脳死のケース
 
症例2    うつ病患者へのインフォームドコンセント

症例3    超高齢者への医療の難しさ -病んでいく体と生きがいについて

症例4 若く子どものある女性患者の長期入院

症例5 うつ病の自殺患者への対応

症例6 老人の自殺未遂への対応のケース

症例7 肝細胞癌の癌告知問題、ことにそのタイミングについて

症例8 術後合併症のケース

症例9 癌告知の問題

症例10 脳死患者の治療について

症例11 アルコール依存症患者の透析治療について



このページの責任は白浜雅司がとっております。
ご意見感想のある方は下記までどうぞ。
白浜雅司
〒842-0301佐賀県神埼郡三瀬村大字三瀬2615
三瀬村国民健康保険診療所
TEL0952-56-2001、FAX0952-56-2912
HQC00330@nifty.ne.jp
http://square.umin.ac.jp/masashi



臨床倫理の討論のページにもどる

白浜雅司のホームページ(臨床倫理と山村の診療所の日常を伝えるページ)へ