研究・業績
研究・業績
HOME > 研究・業績 > 活動状況

活動状況

研究室の活動状況:ドライ(dry)チームとウェット(wet)チーム

(2013年4月アップデート)

私たちの研究室では、大規模医療データベースを用いた臨床疫学、薬剤疫学研究といった臨床研究を中心としたドライチームを中心として活動していますが、医薬品・生物製剤・医療機器を用いた新規診断・治療法の探索研究、実験系での新規安全性評価の手法の確立を中心としたウェットチームも研究活動をおこなっています。

ドライ領域における研究は、主として臨床医や薬剤師といった医療者や、製薬企業で開発や臨床・経済評価を担当する方が有する、それぞれの現場での疑問(クリニカルクエスチョン)を実施可能な研究デザイン(リサーチクエスチョン)としてテーマを設定し、教員の指導を受けて研究を実施、論文発表していくことになります。また、将来この分野の顕著な研究者を志す若手学生のサポートも全力で行います。

また、電子カルテ由来の診療情報のデータベース(RWDデータベース)の構築や分析、自治体由来の母子保健や学校健診のデータベース(SHRデータベース)の構築や分析還元の事業に関心がある方は、大学院生をしながら事業に携わることもできます。

これらの領域は、日本における既存の疾患別臨床医学、基礎医学、医療薬学の枠内では研究業績も人材もまだまだ欠如しているため、私達の教室の活動や出身者は、近い将来、各所から極めて望まれるものとなるでしょう。

PAGE TOP