研究・業績
研究・業績
HOME > 研究・業績 > ドライ(dry)チーム

ドライ(dry)チームの研究活動

(2017年12月アップデート)
 

臨床疫学、生物統計学に造詣の深い多くの教員によるメンター制度のもと、主として医師あるいは薬剤師等の医療職の資格を持つ大学院生に対して、各種の医療ビッグデータを用いて、医療上の各種の疑問を解決するための臨床研究や、自治体由来の母子保健・学校健診情報を用いた予防医療のための疫学研究を指導しています。これまでの大学院生、教室員のバックグラウンドは、小児科(3名)、循環器内科(4名)、呼吸器内科(1名)、糖尿病内科(1名)、消化器内科(1名)、腎臓内科(2名)、腫瘍内科(1名)、消化器外科(1名)、麻酔科(7名)、耳鼻咽喉科(2名)、眼科(1名)、救急診療(2名)、歯科(2名)、薬剤師(9名)、看護師、製薬企業(出向ふくむ)、新卒等です。また、教室出身者からは、教授4名、准教授2名等の指導者を全国に輩出しています。

使用あるいは構築している医療系データベースは、電子カルテDB(1400万人)、診療報酬請求レセプト情報(400万人)、DPC(1700万人)、調剤薬局情報統合(大手5社3500万処方箋相当)、母子保健情報(15万人)、学校健診情報(下図の35都道府県91自治体と調整、うち現在50自治体と調印連携済)、介護入所時情報等です。

map

所属するスタッフ、学生が現在実施している研究テーマの一部は以下の通りです。

  • 多発性骨髄腫の国内における治療実態についての研究(薬剤疫学研究)
  • 学校健診情報の可視化に関するELSI研究(政策科学研究)
  • 若年性パーキンソン病の治療実態についての研究(薬剤疫学研究)
  • 経皮的冠動脈インターベンション治療後のフォローアップ冠動脈造影および非侵襲的検査と
    心血管イベントの関連について(臨床疫学研究)
  • 急性副腎不全の臨床経過に関する記述疫学研究(臨床疫学研究)
  • 小児の抗菌薬使用とアレルギー疾患発症に関する研究(疫学研究)
  • 周術期のステロイド使用と術後予後に関する研究(臨床疫学研究)
  • 甲状腺癌治療後の再建に関する現況に関する記述疫学研究(臨床疫学研究)
  • 周術期の麻酔管理に関する実態調査研究(臨床疫学研究)
  • 癌手術時の麻酔法と疾患予後に関する研究(臨床疫学研究)
  • 心房細動患者における脳卒中予防のための治療実態についての研究(臨床疫学研究)
  • 臨床試験プラセボ投与群データを用いた各種の研究(薬剤疫学研究)
  • 高齢者の不適切処方に関する研究(薬剤疫学研究)
  • 癌患者における精神科疾患受療状況に関する研究(薬剤疫学研究)
  • 大規模母子保健情報、学校健診情報をもちいた各種研究(疫学研究)
  • 急性心筋梗塞時の集中治療室における治療と予後に関する研究(臨床疫学研究)
  • 乳癌スクリーニング検査に関する費用対効果研究(医療経済研究)
  • 頭頸部癌治療の薬物治療の状況に関する研究(薬剤疫学研究)
  • 頭頸部癌治療の予後予測に関するアルゴリズム研究(臨床疫学研究)
  • 保存期腎不全患者の治療に関するアウトカム研究(臨床疫学研究)
  • 白内障手術後の有害事象発生に関する研究(臨床疫学研究)
  • 整形外科手術における麻酔法と短期予後に関する研究(臨床疫学研究)
  • 癌治療における疼痛治療の状況に関する研究(薬剤疫学研究)
  • 経口抗凝固薬の使用と服薬アドヒアランスに関する研究(薬剤疫学研究)
  • 川崎病患者に対する免疫グロブリン製剤治療後の貧血に関する研究(臨床疫学研究)
  • 大腸癌の化学療法の状況に関する研究(薬剤疫学研究)
  • 認知症薬物治療に関する研究(薬剤疫学研究)
  • 食道癌周術期の麻酔管理に関する研究(臨床疫学研究)
  • 低リスク手術の術前検査に関する研究(臨床疫学研究)
  • 重症筋無力症患者の薬物療法に関する研究(薬剤疫学研究)
  • 超早産児における分娩様式が長期予後に与える影響に関する研究(臨床疫学研究)
  • 経口避妊薬の使用実態に関する研究(薬剤疫学研究)
  • 糖尿病性網膜症と低血糖の関連に関する研究(臨床疫学研究)
  • 糖尿病を合併した心不全患者における経口糖尿病薬使用の現状(薬剤疫学研究研究)
<最近の主な論文発表など>
  1. Kimura T, Takeuchi M, Imai T, Tanaka S, Kawakami K, and Neonatal Research Network of Japan. Vaginal versus cesarean delivery for neurodevelopment at 3 years in neonates born at <26 weeks of gestation: retrospective analysis of a nationwide registry in Japan. Neonatology. 2017;112(3):258-66
  2. Imai T, Tanaka S, Kawakami K, Miyazaki T, Hagino H, Shiraki M. for the A-TOP research group. Health state utility values and patients reported outcomes before and after vertebral and non-vertebral fractures in an osteoporosis clinical trial. Osteoporosis International. 2017 Jun;28(6):1893-1901
  3. Yoshida S, Takeuchi M, and Kawakami K. Prescription of antibiotics to pre-school children from 2005 to 2014 in Japan: a retrospective claims database study. Journal of Public Health. 2017 Apr 27:1-7.
  4. Kochi K, Sato I, Nishiyama C, Tanaka-Mizuno S, Doi Y, Arai M, Fujii Y, Matsunaga T, Ogawa Y, Furukawa TA, and Kawakami K. Trends in antipsychotic prescriptions for Japanese outpatients during 2006-2012: a descriptive epidemiological study. ?Pharmacoepidemiology and Drug Safety. 2017 Jun;26(6):642-56
  5. Kadohara K, Sato I, and Kawakami K. Diabetes mellitus and risk of early-onset Alzheimer’s disease: A population-based case-control study. European Journal of Neurology. Jul;24(7):944-9
  6. Bachmann CJ, Aagaard L, de Abajo FJ, Bernardo M, Brandt L, Cartabia M, Clavenna A, Coma Fuste A, Furu K, Garuoliene K, Hoffmann F, Hollingworth S, Huybrechts K, Kalverdijk LJ, Kawakami K, Kieler H, Kinoshita T, Lopez SJ, Machado-Alba JE, Machado-Duque ME, Mahesri M, Montero D, Nishtala P, Piovani D, Reutfors J, Saastamoinen LK, Sato I, Schuiling-Veninga CCM, Shyu YC, Siskind D, Skurtveit S, Verdoux H, Wang LJ, Yahni CZ, Zoega H, and Taylor D. Trends in clozapine prescribing in 17 countries, 2005-2014. Acta Psychiatrica Scandinavica. 2017 Jul;136(1):37-51
  7. Shinzawa M, Tanaka S, Tokumasu H, Takada D, Tsukamoto T, Yanagita M, and Kawakami K. Maternal smoking during pregnancy, household smoking after the child’s birth, and childhood proteinuria at age 3 years. Clinical Journal of the American Society of Nephrology. 2017 Feb 7;12(2):253-60
  8. Wilunda C, Tanaka S, Esamai F, and Kawakami K. Effects of prenatal anaemia control interventions on anaemia in children aged 6-23 months in sub-Saharan Africa: evidence from national surveys. Maternal & Child Nutrition. 2017 Jul;13(3)
  9. Wilunda C, Tanaka S, Putoto G, Tsegaye A, and Kawakami K. Evaluation of a maternal health care project in South West Shoa Zone, Ethiopia: before-and-after comparison. Reproductive Health. 2016 Aug 20;13(1):95
  10. Kadohara K, Sato I, Doi Y, Arai M, Fujii Y, Matsunaga T, and Kawakami K. Trends and prescription patterns of anti-Alzheimer disease drugs used in Japan from 2010 to 2015: A descriptive study based on pharmacy claims databases. Neurology and Therapy. 2017 Jun;6(1):25-37
  11. Hanaki N, Sengoku S, Imanaka Y, and Kawakami K. The clinical application of medical science research: investment and duration. Journal of Translational Science. 2016;2(5): 272-6.
  12. Kawamura T, Sato I, Kawakami K. Factors influencing the placebo effect in patients with primary open-angle glaucoma or ocular hypertension: an analysis of two randomized clinical trials. PLoS ONE. 2016 Jun 2;11(6):e0156706
  13. Tokumasu H, Tokumasu S, and Kawakami K. Impact of pre-eclampsia in extremely premature infants: a population-basen study. Pediatrics International. 2016 Jul;58(7):578-83.
  14. Sato A, Hamada S, Urashima Y, Tanaka S, Okamoto H, and Kawakami K. The effect of false-positive results on subsequent participation in lung cancer screening with chest X-ray. Journal of Epidemiology. 2016 Dec 5;26(12):646-53
  15. Guan J, Tanaka S, and Kawakami K. Anticonvulsants or antidepressants in combination pharmacotherapy for treatment of neuropathic pain in cancer patients: a systematic review and meta-analysis. Clinical Journal of Pain. 2016 Aug;32(8):719-25.
  16. Takizawa O, Urushihara H, Tanaka S, Doi Y, Arai M, Matsunaga T, Ogata N, and Kawakami K. Utilization trends and management and prescription of oral anticancer medicines using nationwide pharmacy databases and a questionnaire survey of community pharmacies in Japan. International Journal of Pharmacy and Pharmaceutical Research. 2015;4(3):150163
  17. Takabayashi N, Murata K, Tanaka S, and Kawakami K. Cost-effectiveness of proton pump inhibitor co-therapy in patients taking aspirin for secondary prevention of ischemic stroke. PharmacoEconomics, 2015 Oct;33(10):1091-100
  18. Yamamichi J, Seto K, Hinotsu S, Nagata K, Kobayashi Y, Urushihara H, and Kawakami K. Patterns and trends in diagnostic tests use for detection of colorectal cancer after screening with the immunochemical fecal occult blood test in Japan. Open Journal of Clinical Diagnostics. 2015;5:107-16
  19. Tanaka S, Shinzawa M, Tokumasu H, Seto K, Tanaka S, and Kawakami K. Secondhand smoke and incidence of dental caries in deciduous teeth among children in Japan - Results from the Kobe Offspring Study. BMJ. 2015 Oct 21:351:h5397
  20. Takizawa O, Urushihara H, Tanaka S, Kawakami K. Price difference as a predictor of the selection between brand name and generic statins in Japan. Health Policy. 2015 May;119(5): 612-9.
  21. Hamada S, Tokumasu S, Sato A, Iwasaku M, Kawakami K. Asthma controller medications for children in Japan: analysis of an administrative claims database. Global Pediatric Health. 2015 Apr 2;2:2333794X15577790
  22. Murata K, Hinotsu S, Hamada S, Ezoe Y, Muto M, Kawakami K. The changing patterns of dispensing branded and generic drugs for the treatment of gastroesophageal reflux disease between 2006 and 2011 in Japan: a retrospective cohort study. BMC Health Service Research. 2015 Feb 27;15:76
  23. 川上 浩司. 医療系リアルワールドデータを用いた臨床疫学、薬剤疫学、費用対効果研究. 新技術活用のための法工学:リスク対応と安全確保の法律(近藤恵嗣・編著). 民事法研究会, pp320-343, 2016.
  24. 川上 浩司. 医療技術評価(世界医学サミット(WHS)京都会合2015のトピックス). 医療レジエンス:医学アカデミアの社会的責任(編集代表・福原俊一). 医学書院, pp82-89, 2015.
PAGE TOP