教室紹介
教室紹介
HOME > 教室紹介 > 沿革・概略

沿革・概略

                 
京都大学大学院医学研究科
社会健康医学系専攻 薬剤疫学分野
Department of Pharmacoepidemiology,
Graduate School of Medicine and Public Health, Kyoto University

京都大学医学研究科には2000年に日本で初めての正規講座としての薬剤疫学分野が設立され、初代教授として福島雅典先生(現・先端医療振興財団 臨床研究情報センター長)が副作用の事例研究や薬害防止、画期的な疾患登録および電子カルテの開発に尽力され、大きなプレゼンスを示されました。2006年春に、第2代教授としての後任として川上が着任し、新たに医薬品の開発と評価という広い視野からの研究活動の充実、さらにレギュラトリーサイエンスの充実と日本への定着をも任として研究と教育を充実していくこととなりました。

我々の教室のアクティビティは、ドライとウェットの2つのグループに分かれています。ドライグループにおいては、各種の医療系データベースをもちいた臨床疫学研究、薬剤疫学研究を推進しています。また、ライフコースデータともいうべき健康データベースの基盤構築にも取り組んでいます。薬剤疫学研究では、医療や医薬の費用対効果研究などのヘルステクノロジーアセスメント(HTA)もテーマとしています。ウェットグループにおいては、新規ハイブリッド型ペプチドを用いた抗癌・抗免疫疾患の分子標的医薬品等の研究開発や、創薬ツール研究を行っています。

教室10周年記念式典(2016年11月)
教室10周年記念式典(2016年11月)
漆原教授就任祝賀会(2016年2月)
漆原教授就任祝賀会(2016年2月)
樋之津史郎先生の岡山大学教授就任祝賀会(2013年11月)
樋之津史郎先生の岡山大学教授就任祝賀会(2013年11月)
PAGE TOP