教育・募集
教育・募集
HOME > 教育・募集 > OB OGの声・進路

OB OGの声・進路

卒業生の就職先、進路(出向・帰参含む)

我々の教室の卒業生および在籍教員は、全員本人の希望する教育研究機関(教職)や企業に就職し、各々のキャリアパスを形成することに成功しています。
以下に近年の就職先などを記載します。

(1)大学等研究機関

札幌医科大学(教授)、慶應義塾大学(教授)、京都大学大学院医学研究科(特定教授、講師)、
滋賀医科大学(准教授)、同志社大学(准教授)、自治医科大学(助教)、京都大学病院(助教)、
鹿児島大学(講師)、大阪歯科大学(講師)など
       

(2)行政、国立研究機関、病院など

米国連邦政府食品医薬品局(FDA)、医薬品医療機器総合機構(PMDA)、国立循環器病研究センター、倉敷中央病院、千葉県立がんセンター、神奈川県立こども医療センターなど

(3)企業

武田薬品工業、中外製薬、大塚製薬、大日本住友製薬、千寿製薬、バイエル薬品、サノフィ、
ヤンセンファーマ、テルモ、ユニリーバ、パレクセル・インターナショナル、クリエイティブ・シューティカル など
企業に在職しながら修士課程、博士後期課程で研究する「社会人特別選抜」という制度もあります。
上記制度で入学し研究した卒業生は、企業に戻り研究成果を生かして活躍しています。
同制度の詳細はSPHホームページの「入試情報・入試案内」をご覧下さい。

研究室OBの声

2019年3月修了生

石井正将(2019年3月専門職学位課程(臨床研究者養成コース)修了)

 私は初期研修を修了後、循環器内科を専門として大学病院と市中病院で後期研修を行い、2014年度に熊本大学大学院の博士課程に進学し、カルテレビューによる過去起点コホート研究やマウスを用いた基礎研究に取り組んで参りました。その研究データの解析を行う中で、十分に統計解析や研究デザインについて理解できていないと気づき、しっかりと学んだ上で研究に取り組みたいと考え、2018年度に臨床研究者養成コースに入学致しました。講義は文献評価や疫学、医療統計、医療行政、費用対効果などさまざまな分野にわたりますが、トップクラスの講師陣からお話を拝聴することができ、また、講義の中ではグループで取り組む課題があり、多岐にわたるバックグラウンドを持つ同級生と議論を尽くしたことは大変貴重な経験でした。
 私は薬剤疫学教室に在籍し、循環器領域のビッグデータを用いて環境と心疾患の疫学研究に取り組んで参りましたが、生徒ひとりひとりにメンターの先生がついて、研究の進捗において丁寧かつ的確なご指導をいただけました。またスライド作成やプレゼンテーションについても貴重なアドバイスをいただきました。正直、もう少し早く入学していれば、と思うところです。
 研究をやりたいけどやり方が分からない方、ある程度研究は行ってきたけどもっと理解を深めたい方、本課程を修了すればきっと次のステップアップに繋がっていくと思います。

2019年3月修了生

川添 晋2019年3月専門職学位課程(臨床研究者養成コース)修了)

 循環器内科医として診療に携わってきましたが、臨床研究に関する知識を系統立てて学び直したいという気持ちから、2018年4月に1年制の臨床研究者養成(MCR)コースに入学しました。それぞれの分野のトップランナーである先生方から多くのご指導を頂くのみならず、さまざまなバックグラウンドをもつ学生と切磋琢磨することができ、知識や視野を大きく広げることができました。本教室では、医療ビックデータを用いた臨床研究を積極的に行っております。技術の進歩に伴い臨床研究を取り巻く環境も変化しており、今や一昔前のようなRCT至上の世の中ではありません。データベース研究は、今後ますます重要性が増していく分野であると思います。
 既存のデータベースを用いて自分の臨床疑問を解決していくことが重要なことは言うまでもないことですが、川上教授はこれまで目を向けられていなかった健康情報に注目し、データベースを新たに構築する取り組みも主導されています。具体的には健診情報(学校健診、乳幼児健診)や病院の電子カルテ情報をデータベース化し、「ライフコースデータ」として個人の健康増進、自治体や国の健康施策に利活用していく取り組みです。私は、SPHで学ぶ傍ら、これらの取り組みのお手伝いをさせて頂きました。情報が所属する現場の方々に意義を説明し、問い合わせにきめ細やかに対応し、現場を訪問し、データを入力し、クリーニングし、解析して最後にレポートを作成・返却します。非常に地道で根気のいる作業ですが、データベースを一から構築し、利用可能な状態に持っていくという、疫学研究の根幹の部分を学ぶことができました。興味がある方は、ぜひ参加してみられることをお勧めします。
 一人でも多くの皆様が本教室で学ばれ、同じ分野の仲間として協力していけることを望みます。

2018年3月修了生

米倉寛(専門職学位課程(MPH2))

私は、卒後7年間を市中病院と大学病院で麻酔および集中治療分野で臨床業務を行ってきました。臨床医として研鑽を積んでいく課程で、その中で出会う臨床疑問に対して、実際にどのように臨床研究を行ったらよいか、またどのように研究成果を論文化していいかがわかりませんでした。そのため、臨床研究の基礎および実践を学ぶ目的で、2016年に社会健康医学系専攻(SPH)に入学しました。SPHでの2年間は講義と研究で忙しいですが、臨床疫学、医療統計などの臨床研究の要となる学問を体系的に基礎から学ぶことができました。また、一年間のMCRコースにおいては、同期と切磋琢磨するとともに高名な教授陣から直接ご指導頂くことができ、今後の財産となる非常に貴重な経験をすることができました。
また、私の在籍する薬剤疫学分野では、リアルワールドデータを用いた薬剤疫学研究のみならず次世代のデータベース構築も行っており、川上教授のもと多様な背景の研究者・学生が集まっています。研究室の中では、実際にデータベースを用いて自分の専門領域に関する臨床研究を実践することもできました。実践していく課程で、薬剤疫学教室では、様々な分野の専門家から熱心な指導や貴重な意見を頂くことができる最高の環境が整っており、私は2年間で査読付きジャーナルに数本の原著論文を出版することもできました。
SPHの2年間で得られたもののなかで、研究成果も重要ですが、一番の財産は“コネクション”であると思います。切磋琢磨した同期や、優れた指導者と繋がりが、将来の臨床研究を行っていく上で非常に得難いものであると思います。SPHへの入学を決断することは、その後のキャリアにとって重要な進路決定となると思いますが、決して後悔のない貴重な経験ができると思います。

2017年3月修了生

山田修平(2017年3月専門職学位課程修了)

私は、腫瘍内科医としてがん専門病院でがん診療に携わってきました。患者さんと接する日々の臨床業務は充実したものでしたが、臨床試験の立案や管理、リアルワールドの診療実態や安全性評価、薬剤の費用対効果などに関心を持つようになり、これらを学ぶことができる場として、薬剤疫学教室の門をたたきました。
在学中は、さまざまなバックグラウンドをもつ学生と交流をもつことができ、視野を広げることができました。また豊富な疫学研究の経験を有する教員の方々から多くのご指導をいただき、医療情報データベースを用いた研究をすすめることができました。
修了後は、医療機関で医療安全管理などの業務に従事しています。がん診療の経験と、大学院で得られた広い視野とデータベース研究の経験を活かして、医療の質向上に貢献していきたいと考えています。今後もさらに薬剤疫学教室で研究する方々が増え、医療界にその輪が広がっていくことを願っています。

2017年3月修了生

関 知嗣(2017年3月専門職学位課程(臨床研究者養成コース)修了)

私は大学卒業後、10年間市中病院で循環器内科医として勤務する中でEBMを実践しようと日々試行錯誤(迷走?) していました。エビデンスの確立した治療が十分に行われていない一方で、ほとんどエビデンスのない治療が臨床医の経験のみに基づいて行われている現状をなんとかしたいと考え、2016年に1年制の臨床研究者養成(MCR) コースに入学しました。
在学中は疫学、統計学のみでなく、医療制度や医療経済、医薬品開発など多岐にわたる内容を学ぶことができ、今まで臨床しか知らなかった自分の視野を大きく広げてくれました。また、MCRコースでは、自分の研究について教授陣や同級生達と徹底的にディスカッションし、ブラッシュアップしていくという非常に貴重な経験ができました。
当教室では、近年注目されている医療ビッグデータを用いた臨床疫学研究を積極的に行っており、データサイエンティストや生物統計家など様々なバックグラウンドを持った教員の先生方の指導が受けられる研究環境が整っております。 私自身は現在、循環器・生活習慣病領域でDPCデータベースを用いた臨床疫学研究を行なっており、今後は幅広い研究手法を使いこなし臨床上、公衆衛生上の問題を解決できるような臨床研究者になりたいと考えています。
臨床能力だけでは解決できない問題に対して、臨床研究は非常に強力な武器になり得ます。臨床研究で明日の医療を変えたい、そんな熱い思いを持った方々をお持ちしております。

PAGE TOP