教室紹介
教室紹介
HOME > 教室紹介 > News(Back Number) > 2014年

News(Back Number)

最新(Home)2016201520142013201220112010200920082007
      | 2006

2014年

2014年12月22日(月)
当教室の講師・田中 司朗先生の論文が、Japanese Journal of Clinical Oncology誌にアクセプトされました!"Methodological issues in observational studies and non-randomized controlled trials in oncology in the era of big data."(Tanaka Sh, Tanaka Sa, Kawakami K.)(12月22日)
2014年12月16日(火)
現在、医療系の各種データベース(診療、レセプト、調剤、DPCなど)を用いた疫学や医薬経済研究を推進するための特定教員(研究業績、経験に応じて准教授、講師あるいは助教)の候補者を募集しております。ご関心のある方は、メール(info@pe.sph.med.kyoto-u.ac.jp)で御連絡ください。
2014年11月18日(火)
京都大学 薬剤疫学分野では、神戸市と連携し、神戸市が実施する母子健診事業の情報を活用して、子どもの発育に関する疫学研究を行っています。詳細はこちらをご覧ください。
2014年9月8日(月)
当教室の助教・河野先生の論文が、Chemistry & Biology誌にアクセプトされました!
"The membrane-lytic peptides K8L9 and melittin enter cancer cells via receptor endocytosis following subcytotoxic exposure." (Kohno M, Horibe T, Ohara K, Ito S, Kawakami K.)(9月5日)
2014年8月21日(木)
当教室の講師・堀部先生の論文が、BMC Cancer誌にアクセプトされました!
"Synergetic cytotoxic activity toward breast cancer cells enhanced by the combination of Antp-TPR hybrid peptide targeting Hsp90 and Hsp70-targeted peptide." (Horibe T, Torisawa A, Kohno M, Kawakami K.)(8月21日)
2014年8月14日(木)
10月4日(土)〜5(日)に『臨床研究を実施する医師・薬剤師になってみる 秋季合宿』を開催いたします。詳細はこちらをご覧ください。多くの若手医師、薬剤師、医学生、薬学生の参加をお待ちしています。
2014年6月4日(水)
京大SPHの東京でのオープンキャンパスが6月7日(土)15時より開催されます。
場所は本学の東京オフィス(品川駅直結)となります。詳細はこちらです。
当教室の川上教授との面談の事前アポイントメントはこちらからメールにてお待ちしています。
 → オープンキャンパスは盛況にて終了しました。ご来場の皆様、誠にありがとうございました。(2014年6月9日)

博士課程(PhDあるいはDrPH)、専門職学位課程(MPH)、MCRコース(医師向け、MPH)、研究生などにご興味、ご関心のある方は、随時メールにてご連絡をお願いします。
2014年4月24日(木)
当教室の講師・堀部先生の論文が、ChemBioChem誌にアクセプトされました!
"Discovery of protein disulfide isomerase P5 inhibitors that reduce the secretion of MICA from cancer cells." (Horibe T, Torisawa A,Okuno Y, Kawakami K.)(4月23日)
2014年4月8日(火)
当教室の助教・瀬戸先生の論文が、International Journal of Hepatology誌にアクセプトされました!
"Targeting interleukin-4 receptor alpha by hybrid peptide for novel biliary tract cancer therapy." (Seto K, Shoda J, Horibe T, Warabi E, Kohno M, Yanagawa T, Bukawa H, Nakanuma Y, Kawakami K.)(4月8日)
2014年3月4日(火)
京都大学 薬剤疫学分野では、神戸市と連携し、神戸市が実施する母子健診事業の情報を活用して、子どもの発育に関する疫学研究を行っています。詳細はこちらをご覧ください。
2014年3月3日(月)
当教室の助教・浜田先生の論文が、Supportive Care in Cancer誌にアクセプトされました!
"Antiemetic efficacy and safety of a combination of palonosetron, aprepitant and dexamethasone in patients with testicular germ cell tumor receiving 5-day cisplatin-based combination chemotherapy." (Hamada S, Hinotsu S, Kawai K, Yamada S, Narita S, Kamba T, Nishiyama H, Arai Y, Habuchi T, Ogawa O, Kawakami K.)(3月2日)
2014年2月25日(火)
当教室の博士課程卒業生・上山華栄さんの論文が、Drug Safety誌にアクセプトされました!
"Application of a self-controlled case series study to a database study in children"(Ueyama H, Hinotsu S, Tanaka S, Urushihara H, Nakamura M, Nakamura Y, Kawakami K.)(2月25日)
2014年1月29日(水)
当教室の元助教の漆原先生とCRCコース卒業生の小林さんの論文が、Science Postprint誌にアクセプトされました!
"Utilization of antipsychotic drugs in elderly patients with Alzheimer's disease in ambulatory practice in Japan." (Urushihara H, Kobayashi S, Honjo Y, Kosugi K, Kawakami K.) (1月28日)
2014年1月8日(水)
当教室の助教・浜田先生の論文が、Journal of Clinical Trials誌にアクセプトされました!
"Current environment for clinical research with medical devices in hospitals in Japan." (Hamada S, Yamauchi Y, Miyake O, Nakayama M, Yamamoto H, Kawakami K.) (1月7日)
2014年1月7日(火)
2月16日(日)に『臨床研究を実施する医師・薬剤師になってみる 神戸セミナー』を開催いたします。詳細はこちらをご覧ください。多くの若手医師、薬剤師、医学生、薬学生の参加をお待ちしています。
 → 本セミナーは盛況にて終了しました。ご参加の皆様、誠にありがとうございました。(2014年2月20日)
2014年1月3日(金)
当教室の元教員・漆原先生の論文が、Therapeutic Innovation & Regulatory Science誌にアクセプトされました!
"Academic clinical trials and drug regulations in Japan: impacts of introducing the Investigational New Drug system." (Urushihara H, Kawakami K.) (1月2日)
最新(Home)2016201520142013201220112010200920082007
      | 2006
PAGE TOP