教室紹介
教室紹介
HOME > 教室紹介 > 教授ごあいさつ

教授ごあいさつ

川上浩司 / Koji Kawakami 当教室は、臨床疫学研究を主導し、また日本の国立大学医学部において薬剤疫学を標榜する唯一の正規講座です。

臨床疫学は、1980年代から発展を遂げた学問であり、医療現場における各種の疑問(クリニカルクエスチョン)を研究可能なデザイン(リサーチクエスチョン)として臨床研究を実施する学問です。また、薬剤疫学という学問は、臨床疫学と臨床薬学にまたがる分野として1980年代に米国で確立した領域です。これらがカバーする研究領域は、医療における診断方法や、治療方法の効果や副作用に関するアウトカムリサーチ、医療の費用対効果を評価する経済研究、医療や医薬品、医療機器の安全性や有効性評価、政策や制度に関するレギュラトリーサイエンスと幅広いものとなりつつあります。日本には、これらすべての領域にわたって層の厚い研究者と理解者がいるというわけではなく、まだまだ裾野の拡大と更なる分野の振興が望まれるところです。

我々の研究室は、多様なバックグラウンドの研究者や学生たちが、各種の豊富な医療、健康関連のデータベースを駆使して、自身の臨床経験や社会人経験に基づいた臨床疫学、薬剤疫学の領域でのアウトカム研究、医療や医薬品の費用対効果といったヘルステクノロジーアセスメント(HTA)のような研究を行っている、非常にユニークな集団です。多様な研究を実施して、またお互いの研究を知るうちに、誰も思いつかなかったような価値観を創出、インキュベーションできるような、まったく新しい研究領域が勃興する予感をしばしば抱いています。

我々は、未来の医療、社会、産業、政策等を担うための新しい医学を志す大学院生や、若手研究者をお待ちしております。

また、2011年度から、京都大学は、大阪大学とともに「政策のための科学」という文部科学省の長期の取組の領域拠点に採択されました。様々な政策課題について、所謂有識者の意見やメディアの喧伝によらず、科学的な根拠をもとに論理的に検討し、その結果を社会に伝えて関係者と対話をしていくというプロセスはまだ世界中で発展途上であります。このような新しい領域の教育による人材を養成し、各界に輩出していくということは極めて重要です。関係各位のご支援を賜るとともに、関心のある学生の参加も期待しています。 本プログラムのウェブサイトはhttp://stips.jp/ですので、ぜひご参照ください。

主な学術学会活動
日本臨床疫学会理事、日本薬剤疫学会理事、日本臨床試験学会理事、健康・医療・教育情報評価推進機構常務理事、医療データベース協会理事、ヘルスケア・データサイエンス研究所理事、先制医療協会理事、地域包括ケア病棟協会参与、国際医薬経済アウトカム学会日本部会評議員。

主な国内公的業務
2016年 内閣官房 健康・医療戦略室医療情報取扱制度調整WG 委員
2015年 文部科学省 科学技術審議会戦略的基礎研究部会 臨時委員
2009年 内閣府 健康研究推進会議 アドバイザリーボード 委員
2009年 経済産業省 産業構造審議会 研究開発小委員会 委員
2008年 文部科学省 科学技術・イノベーション政策懇談会 委員
2008年 厚生労働省 戦略研究モニタリング委員会 委員長

京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻
健康解析学講座 薬剤疫学、臨床研究管理学
京都大学学際融合教育研究推進センター・政策のための科学ユニット長

教授  川上 浩司

PAGE TOP