• Pickup Contents
  • ごあいさつ
  • ごあいさつ(動画)
  • 研究の概念
  • 教育カリキュラム
  • 大学院生募集のお知らせ
  • OBOGの声・進路
  • コラム
  • 臨床研究実施状況について(一般の皆さま向け)
  • 政策のための科学 <STiPS拠点> 〜阪大・京大合同〜
  • 政策のための科学 ユニット紹介・教育プログラム 〜京都大学〜
  • ISPE日本支部との連携
  • Information
  • お問合せ、講義聴講
  • 学生・研究員等についてのお問合せ及び講義の聴講を希望される方はこちらからお願いいたします。
What's New バックナンバーはこちら
                                   
2016年8月12日(金)
9月25(日)に『臨床研究を実施する医師・薬剤師になってみる 秋季セミナー』を開催いたします。詳細はこちらをご覧ください。多くの若手医師、薬剤師、医学生、薬学生の参加をお待ちしています。
2016年7月13日(水)
2016年11月18日(金)〜20日(日)、みやこめっせ(京都市勧業館)にて第22回日本薬剤疫学会学術総会が開催されます!
「医療リアルワールドデータ時代における疫学」をテーマに、医療データベースの国内基盤や実例、アウトカムリサーチ、デジタルヘルスに関する自治体・ヘルスケア企業の取組、生体情報から創薬への展開など、医薬品の新たな価値の創出、医薬品の臨床評価や経済評価の新しい潮流について、様々な角度から情報提供や議論を深めていただける魅力的なプログラムになっています。詳細はこちらです。(発表演題募集期間は、2016年8月3日(水)正午締め切り)
多くの方々のご参加をお待ちしております。         
2016年8月12日(金)
当教室のD2・Calistusさんの論文 "Effects of prenatal anaemia control interventions on anaemia in children aged 6-23 months in sub-Sah aran Africa: evidence from national surveys." (Wilunda C, Tanaka S, Esamai F, Kawakami K.) が、Maternal & Child Nutrition誌にアクセプトされました!(8月11日)
2016年8月12日(金)
当教室のD2・Calistusさんの論文 "Evaluation of a maternal health care project in South West Shoa Zone, Ethiopia: before-and-after comparison." (Wilunda C, Tanaka S, Putoto G, Tsegaye A, Kawakami K.)がReproductive Health誌にアクセプトされました!(8月11日)
2016年5月20日(金)
当教室の博士後期課程卒業生の河村さんの論文 "Factors influencing the placebo effect in patients with primary open-angle glaucoma or ocular hypertension: an analysis of two randomized clinical trials." (Kawamura T, Sato I, Kawakami K.) がPLoS ONE誌にアクセプトされました!(5月20日)
2016年4月13日(水)
当教室のMCR卒業生の佐藤先生の論文 ”The effect of false-positive results on subsequent participation in chest X-ray screening for lung cancer.”(Sato A,Hamada S, Urashima Y, Tanaka S, Okamoto H, Kawakami K.)がJournal of Epidemiology誌にアクセプトされました!(1月16日)
2016年4月11日(月)
京大SPHのオープンキャンパスが5月28日(土)10時より開催されます。場所は京都大学医学研究科構内となります。また、東京でのオープンキャンパスが6月11日(土)14時より開催されます。場所は本学の京都大学 産官学連携本部 東京日本橋サテライトオフィス(日本橋ライフサイエンスビル)となります。詳細はこちらです。
当教室の川上教授との面談の事前アポイントメントはこちらからメールにてお待ちしています。

博士課程(PhDあるいはDrPH)、専門職学位課程(MPH)、MCRコース(医師向け、MPH)、研究生などにご興味、ご関心のある方は、随時メールにてご連絡をお願いします。