先輩の声

小児科医を目指したわけや、仕事の魅力を先輩たちに尋ねました。

保護者の気持ちに寄り添える医師、
ちょっとしたことでも気軽に相談してもらえる
「肝っ玉かあちゃんドクター」を目指して奮闘中です!

特任助教森 博子

いろんな方のサポートがあったから、
小児科医として母としてサポートできる。

姉が幼少の頃とても病弱だったため、両親がつきっきりで看病する姿を見て育ちました。そんな家族の姿を見て「自分にもなにか出来ることはないか」と医学を目指すようになりました。また母が保育士だったので、子どもに携わる仕事の魅力をよく話してくれていたこともあり、自然と小児科の道を選びました。
実生活では、3歳と4ヶ月の二児の母親。現在は、産休・育休をとりつつ仕事と育児の両立を目指しています。
熊本大学医学部付属病院内には院内保育園があるので、休憩時間に授乳に行けるなど、育児中のドクターには心強い施設やサポート体勢が整っているので助かっています。

女医はどうしてもライフスタイルの変化で「仕事を続けるか、辞めるか」という生き方、働き方の選択に迷いが生じてしまいがち。しかし当病院の小児科医局では、職場と自分の状況・希望の折り合う地点を周囲とともに話し合いながら、仕事と家庭・育児の両立ができるようにいろんな方がサポートしてくれます。実際に、育児に専念する時期があることで、小児科医としてのアドバンスになるようにも感じています。
これからも、通院・入院している子どもたち、またその保護者の気持ちに寄り添える医師、ちょっとしたことでも気軽に相談してもらえるような「肝っ玉かあちゃんドクター」を目指して、仕事に子育てにと奮闘したいと思っています。

小児科救急医療・地域医療
熊本が全国に誇る、小児科救急医療体制

「熊本方式」という小児の時間外救急医療体制があります。大学・関連病院・開業医が連携して行う小児の時間外救急医療体制のことですが、このような体制は全国でも珍しいため、マスコミなどでも度々紹介されています。また、平成15年からは天草地区での小児の時間外医療のお手伝いも、関連病院と開業の先生と協力してスタートさせています。

ページトップ