小児科専門研修
プログラム

概 要

  • 「小児科医のあれこれ」パンフレット
    「小児科医のあれこれ」パンフレット
  • 小児科専攻医採用申込書
    小児科専攻医採用申込書
  • 小児科専門研修プログラム
    小児科専門研修プログラム

    ※公表されている専門研修プログラムは学会による一次審査を通過したものであり、機構による二次審査の結果、修正・変更がありうることをご承知おきください。

全ての知識を備えた専門医を目指して

小児科医には、成長、発達の過程にある小児の診療を行うために、正常小児の成長・発達に関する知識が不可欠です。また、新生児期から思春期までの幅広い知識と、発達段階によって異なる疾患についての知識が必要です。さらに専門医研修においてはgeneral physician として必須となる疾患をもれなく経験し、疾患の知識を取得するのみならず、チーム医療を組織し、問題対応能力や安全管理能力を獲得し、家族への説明と同意を得る技能を身につける必要があります。

本プログラムでは、「小児医療の水準向上・進歩発展を図り、小児の健康増進および福祉の充実 に寄与する優れた小児科専門医を育成する」ことを目的とし、一定の専門領域に偏ることなく、幅広く研修することができます。専攻医は「小児科医は子どもの総合医である」という基本的姿勢に基づいて3年間の研修を行い、「子どもの総合診療医」、「育児・健康支援者」、「子どもの代弁者」、「学識・研究者」、「医療のプロフェッショナル」の5つの資質を備えた小児科専門医となることをめざしてください。

経験豊富な小児科専門医になるために

専門研修は、3年間を通して以下の研修施設で専門医になるために必要な研修を行います。本プログラムにおける研修基幹施設は熊本大学医学部附属病院であり、関連施設である熊本赤十字病院、熊本市民病院と連携して専門医となる上で基礎となる小児の基本的な診療技能、小児保健、成長・発達、栄養、水分管理等について研修します。これらの各施設には小児科専門医が10名以上配置され、疾患分類としては代謝内分泌、遺伝、新生児、血液腫瘍、神経、腎・泌尿器、膠原病、循環器、感染症、消化器、呼吸器等の疾患をカバーしており、各々の疾患について担当医として診療に当たります。これらの施設には一般小児診療に加えてNICU、PICUといった集中治療ユニットが設置されており、指導医とともに新生児および小児の集中治療の研修を行います。次のステップとして、熊本県内外の連携施設もしくは関連施設において、小児科領域における一般診療(一次医療および二次医療)を中心とした研修を行います。研修基幹病院である熊本大学においては、3年間の研修期間のうち最低6ヶ月間の研修を行うことが必要となっていますが、その間には大学病院が行っている専門的な医療に加えて重症心身障がい児医療や乳幼児健診などの社会医療についても研修を行います。

研修施設が充実している本研修プログラムでは大学病院を中心に、小児科専門医取得に必要な全領域の診療が経験できる体制が整っており実績も十分です。更に、研修終了後も更なる専門領域の研修、大学院進学による研究、国内留学、海外留学などの進路が選択できる体制になっています。

評 価

小児科内でのカンファにおいて知識・技術などの到達度を適宜評価していきます。各年度終了時に指導医と研修医で到達度の最終チェックを行い、後期研修を含めた3年間の研修終了により(研修医を含めて5年)、日本小児科学会認定の小児科専門医取得のための資格を得ることができます。筆記試験、症例要約評価、面接試験を受験し、小児科専門医を取得します。

ページトップ