臨床研究について
(オプトアウト)

熊本大学大学院小児科学分野では、治療成績の向上と将来の小児科診療に貢献できる
エビデンスを発信するため、倫理委員会の承認をうけた臨床研究を行っています。
その中で、オプトアウト(対象となる患者様が拒否できる機会を保障すること)を
用いた臨床研究は以下の通りです。
これらの研究への協力を希望されない場合は、
文書内に記載されている各研究の担当者までお知らせください。

我が国における尿素サイクル異常症の疫学調査研究
我が国における尿素サイクル異常症の疫学調査研究
シトリン欠損症の全国調査研究
シトリン欠損症の全国調査研究
ページトップ