TOPへ


*アンフェアーなこと


*最近(2007.11現在)のフェアじゃないなと思うことがら・・・
ステトスコープ・チェロ・電鍵さん http://nuttycellist.blog77.fc2.com/blog-entry-713.htmlより以下抜粋。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

経済財政諮問会議や財政制度分科会(名簿に、そこで検討する政策で直接利益を得る面々が連なっていること

○新聞等マスコミが、意図的であれ、意図せずであれ、間違った報道をしても、訂正したり、謝罪しないこと。

○所謂エコノミストの多くが、大企業・官僚に利する発言を繰り返していること。

○米国が、年次改革要望書(というか、日本の施政方針命令書)というあからさまな内政干渉を行っていること。

医療費を決める際に、いい加減なでっち上げデータを用いている、即ち、結論が先にありきであること。さらに、臨床現場の声に耳を傾けぬこと。

新聞社のオーナーが、政治に口を挟む、挟むどころか、政治体制を恣意的に動かそうとしているのに、何もペナルティのないこと。この新聞社は、このことだけで、潰されてもおかしくない。

○医師達のかなりの数が、医療費削減が問答無用に進むので、混合診療導入止む無しという考えに傾いていること・・・これはアンフェアということではないが、内実を国民に知らせることなく、混合診療導入がなし崩しに行われるのはアンフェア! 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

上記にはほぼ同意する。気持ちは非常に分かる。しかし、結局他力本願、国へのパターナリズムを感じる

国民も「知ろうとしない」人も多々いる。また、医者も勝手に自らの仕事を増やして、救世主気分の居心地さの面を捨てたくない人が、過労死したくないから混合診療やむなしと考えている印象を多分に受ける。また、国は臨床現場とコンタクトを取りたがっている。現場と国の両方が分かる人間をコーディネーターとして扱わず、仕事をさせるだけさせて、国とのパイプがないなんて言ってても只の愚痴止まり。参照:医療分野でのコーディネーターへご支援を!

「国民にしらせることなく」⇒地道に目の前の人(患者、家族、周囲)に”あなたは”伝えていますか?国は、「いい加減なことをやるな!もう当てにしないから、こっちにも介入するな!好き勝手にやらせろ!」と言われて、成功されてしまうのを非常に嫌がるのです。



2007.11.6 記載