一つ上へ TOPへ


*無知は罪。善人というなの横暴・迷惑 


「無知の知」。「私は知らないということを知っている。それゆえ、只知らないのではない。それよりも知っている」というもの。

なにを言いたいのか。「無知の人」の「心からの善行(その人がよかれと思ってやっていること)」は、はたはた迷惑なことが多いのでは?と常々感じているからです。

その人は「分かっているのです」そして、「洗脳されているのです」、「思考停止しているのです」、なんでも白黒つけておかないと不安な人々なのです(デジタル思考)。そして、善行をしている自分に陶酔しているのです。

*例1:留学

留学した人は「そこはすばらしい!日本も早くこうしなければ!」といった、たいてい独りよがりの余計な救世主願望全開で日本に帰国し、医療とはなにか?生きるとは?という問も薄れ(なく?)、技術に溺れる例をしばしば見ます。いわゆる「国際人」には注意です。

*例2:ボランティア

ボランティア活動に熱中する人も、ボランティアを使って稼いでいる民間企業の手ごまになっていることに気付かなかったり、感情論全開で組織単位の活動で物事を考えられなかったり、自分が行くことでむしろ邪魔になることなど想像つかなかったり、直接寄付すればいいところを仲介業者のある〜基金にお金を送っていたりしますよね。混合診療が解禁されたら「死ぬ死ぬ詐欺」がはやりそうですし、引っかかるのだろうな〜こういう人は。

*例3:寄付

「◎◎募金」、特に年末年始に多いですが。ああいったものは「オペレーターやシステム」の維持のための「人件費、維持費」がかかっています。それらを引いたもの、多くはそこから「手数料」を引いた額しか、寄付にいってません。2004年夏に国が出した「◎◎リング」というカラフルなブレスレットがはやってました(私の周りでは)。国は「収入の30%」を◎◎機構へ世界貢献のために寄付すると…たしかに言ってました。残り70%は何でしょうね?皆さんが察するとおりだと思います。

皆さん、買ってました。買わない私が「なぜ買うのか?30%だよ!」と聞きました。「寄付する気持ちが大事なんだ!、この非国民、残忍、ほんとに医者目指してるの?」と避難轟々だったことをまだ覚えています。

不思議です。1000円買って300円しか寄付されない。1000円直接寄付すればいいじゃん!!と思ってましたから。実際、しましたけど。

そして、みんなして「腕に付けて見せ合って楽しんでるのですよね」。目的勘違いしてない?。ボランティアは「自己満足のため」と、意識して欲しいですね。

*例4:環境問題

国際レベルでも、発展途上国のゴミ処理関係の中毒や健康問題を議論していて「そのゴミが日本(先進国)からの輸出ゴミ」であることを知らなかったり…ですね。況や、ボランティアも基本は「自己満足」にあることを意識できていない人もしばしば…います。


「良いこと」といわれたことは「良いこと」と信じ続け、その背景を疑おうとする考えさえ浮かばないほど洗脳されている、または「純粋さん」は多いですね。まぁ、私があまのじゃくすぎるのかもしれませんが。でも、あまのじゃくって結構楽しかったりします。ってこれも自己満足です。



2007.12.28 記載