TOP   政治目次へ


*郵政民営化と預金保障リスクに関して

またまた、
日米間の「規制改革及び競争政策イニシアティブ」に関する日米両国首脳への第6回報告書(200766日)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/keizai/pdfs/6_houkoku_j.pdf年次改革要望書の欄参照

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

〜ゆうちょ銀行やかんぽ生命が破綻した場合の旧契約については、預金保険機構及び生命保険
契約者保護機構の対象外とされている。P41

2007101日以降、ゆうちょ銀行が受け入れる預金及びかんぽ生命が募集を行う生命保険

商品には政府保証は付されない。
郵政民営化委員会は、民営化後も「暗黙の政府保証」が残存 するというパーセプションは預金者
・保険契約者等の誤解に基づくものであること、ゆうちょ銀行及びかんぽ生命が政府保証が存在
しないことを説明すべきであること、更に政府においてもそう した誤解の払拭に向けて最大限の
努力を行うべきであるとの所見を示している。
民営化以降、「政府保証がある」といった虚偽のことを告げてそれらの商品を販売する行為は
銀行法及び保険業法において禁止されている。P42

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

と示されています。つまり、普通預金は
2007101日以降国の保障がなくなるということです。
保障するかのような報道をしているマスコミや郵便局HPはどうなんでしょうか?
でも民間ですから…郵便局JPのHPにもよくみれば、実は保障はなくなることが示されています。

ちなみに、2007年7月までに手続きした年金式受取法での定額切り崩し型預金はあと数年間は国の保障の対象となっています。

みなさんはどう思いますか??



2007年8月記載