TOP   政治目次へ


*社会保険庁の民営化と国民年金に関して

現在私が理解している「年金問題」の流れを以下に示します。

国民年金
を管理していたのが、社保庁。つまり国営だった。

事務的ミスが発覚。

普通に「早急に皆様へ全額お支払いするよう急ぎます」で良いはずの所を、
あえて民主党を刺激するような採and救済対象者数が少ない法案を採決しようとする。

荒れる

政治家の目と国民の目は「荒れている状態」のみに集中

一連の流れで最も問題なのは、「社会保険庁解体」「日本年金機構」
つまり、「国営」「民営」となる流れが見えにくくなっている点。

ということは…、日本国は国民の老後の面倒は見ないつもりなんでしょうか!?
そして、皆不安になる。

非公務員型の日本年金機構だけにお金が行くのではなく、「企業」もこの年金サービスを開始するようになる。

ある人は言う。「あら、何だかこちらの企業サービスの方が安心な気がする…!?」

大量の年金マネーが市場へ流れ出アメリカの保険屋・市場が儲かる

さて、本当に歳を取った時、年金はもらえるのでしょうか?
答えは、近年の企業が払う「保険サービス」の不払い件数を見れば、一目瞭然だと思います

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

*さらには、日米間の「規制改革及び競争政策イニシアティブ」に関する日米両国首脳への第6回報告書(200766日)

 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/keizai/pdfs/6_houkoku_j.pdfにおいて(年次改革要望書の欄参照

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
3.確定拠出年金:
a.
日本国政府は、老後の所得保障、労働の流動性及び投資教育という観点から国内
第6回報告書 日本国政府による措置の確定拠出年金について、その重要性とそれを改善する
ことの価値を認識している。

c.
2006年11月27日に開催された第3回目の本研究会会合において、在日米
国商工会議所(ACCJ)を含む関係団体から確定拠出年金制度の改善に関する要望と
意見陳述が実施されたところである。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

と示されています。
最近の社会保険庁の騒ぎと年金不信を増長させる報道の裏にはこのようなものもあったと認識しています。
みなさんはどう思いますか??



2007.1月記載