TOP


*裁判と法律:裁判は真理を明らかにする場所ではない!

裁判に関する大前提をここでまず示す!!


*刑事裁判:
・法律(憲法、刑法=その社会最低限守らなくてはいけない原則=rule)違反に対する社会的罰則の判断(実際にしたかどうかではない:真実は100%ではない。という基本。)
・有罪:刑務所(禁固刑)、罰金(国に支払う)
・原則:「疑わしきは罰せず。ないことを証明しなくても良い」、「有罪の判決が出ても罪を犯したことを認める必要はない」

*民事裁判:
・法律(民法=みんながよりよく生活できるようにするための取り決め)違反に対する、当事者迷惑に関する判断
・有罪:金銭配分による代償(相手に支払う)。≠罰金
・原則:「真実の追及の場はない」、迷惑に対する金銭的代償額を裁判所が決めるだけ(=結論ありき)
注)有罪(厳密な用語ではないですが、分かりやすくするためにです)

・つまり、民事訴訟では、まず金銭の配分を考えてから、それに見合うように、法律的文章を作るのが判決

「真実の追及の場はない」という基本すら捻じ曲げられている始末。そもそも刑事裁判でさえ「有罪の判決が出ても罪を犯したことを認める必要はない」という原則がある。このような裁判制度に対する大きな誤解を助長させているのは、売れればよいと思っているマスコミでしょう。刑事裁判ですら感情論で叩き潰されれば(置換冤罪のように)…。政府・マスコミ・有既得利権者にはむかえば、下手すれば世の中から抹殺されます。

*裁判所 ≠ 正義  
判決 ≠ 真実
 
裁判で真実は明らかにされない。
 
裁判とは、自己責任で自己主張を戦わせる場。

*注意)裁判を起こされても、裁判に行かなければその時点で負けです!注意です。



といっても、>民事裁判で、本当に真実がハッキリするのでしょうか?と疑問を投げかけている方は大勢います。マスコミをそういっていますます。

しかし、実際に裁判官に聞くと…
民事訴訟では、まず金銭の配分を考えてから、それに見合うように、法律的文章を作るのが判決」
「裁判の場は真実を明らかにする場所ではない

と断言してました。

 *「社会には正義がある。法律こそが正義の根拠だ!正義が犯される時、裁判所が真実を明らかにしてくれるはずだ!」
   子供の頃から培った正義感とは、 社会、警察、法律、そして裁判所への信頼から来るものでした。

といまだに思っている諸君!!残念ですが、それは思い込みです。
以下http://ameblo.jp/doctor-d-2007/entry-10051415879.htmlの一部から抜粋

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 *
裁判における自己責任
  1)裁判官が「
真実」を発見してくれるわけではない
  
2)主張も証拠も
自己責任

  争わなかったら、そのまま事実認定される可能性も高い。自己に有利な証拠を探し出し、自己責任で主張すべき。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
つまり裁判官が、こういっています。

  真実?なにそれ?

  裁判所だよココ、解ってる?

  YOU、さっさと証拠出して自己主張しちゃってYO!

  自己責任だからね!

  あっ!金銭の配分はもう大体決めてるから、そこんとこヨロシク!

ということです。今でも、ニュースを見ればいつでも耳にするでしょう。

『今後、裁判を通じて真実が解明されます。』

といった、
事件や裁判のニュースなどで聞く決まり文句。マスコミが堂々と今もこの台詞(≒嘘)を垂れ流して、
勝手に裁判と真実を結びつけ、裁判の真の姿を包み隠し、裁判と正義の関係を演出しているのかもしれませんね。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

そのとおりです。医療裁判もこのようにして起こっているのです!医療裁判に関してはコチラをどうぞ。

真実を知りたいという思いから、(特に民事)裁判を起こすのはやめましょう。

仮に真実が明らかになればお互い納得できるなら、最初から訴訟など必要ありませんでしょうしね。




2007.11.6 記載
2008.5.10更新