top

医療分野でのコーディネーターへご支援を!



 続きです。医療分野でも、リーダーとしてのcoordinaterが機能する必要があることは「医療分野でのcoordinaterの役割(医者)」 で述べた。
 コーディネーターとして活動したいが出来ない人がどうして、活動できないのか?を考え、そういう人達を応援したい。


 まずは、マッシー池田のHPの一節より抜粋↓。マッシー池田に関しては彼のHP http://square.umin.ac.jp/massie-tmd/Welcome.html参照。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コーディネーターへご支援を!!

2007年9月から10月にかけてのリタリン騒動で,ある小児科医とのやりとり

小児心身医学会の薬事委員長をつとめておりまして、
> このところ、リタリン騒ぎで毎日ひっくり返っています。
>  小児科分科会の関連3学会で夜中までメールのやりとり、本日在京者が集まっ
> ているはず・・・・。この件も、厚生労働省の方針・お考えと現場とのずれに、
> 押し流されてあっぷあっぷしている感があります。本当に地域での連携も大切で
> すが、厚生労働省と現場との連携(情報交換)って何とかならないものでしょう
> か・・・・。

実は、これ、厚労省もPMDAも、現場との連携をしたがっています。彼らだって、能率良く、いいアウトカムを得たいのです。いつも好きこのんでタミフルの時みたいなヘマをやっているわけではありません。まず、この点を、現場サイドの多くが認識していません。ここがまず大きな壁。

では、なぜ連携ができないのか?ずばり、普段から人の関係ができていないからです。こういう難しい問題の時ほど、”このテーマにこの人”というそのものズバリの人に相談したいですよね。でも、こういう問題はしばしばいきなりやってきます。その時になってはじめて、この問題は、誰にコンタクトをつけたらいいのだろう、そのためには誰に窓口になってもらったらいいだろう。そういうルートと人のプールの確保ができていないのです。これは、厚労省・PMDAと現場の両サイドに問題があります。

両サイドにパイプを持っている人間が、日本中で何人いますか?小児科では、国立成育医療センターのNとTだけです。二人とも、診療の他に治験管理業務やら何やらで死にそうです。コーディネーターをすべき人間にコーディネーションの余裕が全くないのです。コーディネーターは暇人でなくてはならないのに。

ですから、連携を上手く運ぶためには、才能のある暇人が必要だと、両サイドが理解して、そういうコーディネーターを育てなくてはならない。ここが第二の壁。そういうコーディネーターが育ったら、その人が暇をしていても、いざというときに必ず役に立つからと、嫉妬から守ってあげなくてはならない。ここが第三の壁。

私は第二の壁を突破している日本でも貴重な存在です。後は、私を暇人にして、周囲からの嫉妬の攻撃から守っていただければ、厚労省・PMDAと現場の両サイドの間のコーディネーターとして機能することができますので、ご支援のほどを
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

つまり、コーディネーターが活躍するには3つの壁があるといっています。まとめると↓

第1の壁:厚労省・PMDAと現場の両サイドともにコーディネーターが欲しい。しかし、すべき人間にコーディネーションの余裕が全くない。
第2の壁:連携を上手く運ぶためには、才能のある暇人が必要だと、両サイドが理解して、そういうコーディネーターを育てなくてはならない。
第3の壁:コーディネーターが育ったら、その人が暇をしていても、いざというときに必ず役に立つからと嫉妬から守ってあげなくてはならない

総合科という視点では非常に狭くて、現在の状況において、今にでもコーディネーターを担える人材が機能できていないことが問題なのだろう。
というのも、このような人材はえてして優秀であるため、周囲の期待も大きく、仕事量も非常に多い!彼らなしでは組織が回らなくなっていることは容易に想像できる(自分で仕事を抱え込みすぎている場合が多い気がしますが、状況は様々でしょう)。また、医者はえたして、「何かをしたい人」が多すぎる。それは、他の医療スタッフに比較して「何もしていない」ことへの罪悪感の裏返しなのか?自分は中心にいたい!という何でもやりたい、できるようになりたいという欲望の故か?。みんな(他のスタッフや患者さんとその家族にも)に手伝ってもらえばどれだけ効率的であろうか。このあたりのことは「リーダー論」でも書いた。

やはり、医者は医療チームのリーダーとして「人材の適材適所の配置と指示、そして任せる対象からのfeedbackと責任」が本来の仕事
のだろう

・案外自分でなくても物事は進むのかと気付く。
寂しいながらも自分が引くこと、そして「任せること」が、組織の効率性と成長に繋がることに気付く。
・自分が手を出さずに『引く』・『見守る』ことの重要性を知る。
自分の役割は「何もしないこと」と気付く。

人に「任せること・任せようと思うこと」、共依存からの断ち切り。パターナリズム,救世主願望一辺倒からの脱却。これらが少しでも機能し、医者の場合だと、患者さんやその家族に助けてもらうのがとてもいいアイディアであることに気づけるかどうかが、いい仕事ができるかどうかの大きな分かれ目だと思う。少なくとも、コメディカルに助けを求めることがうまくできるようになれば,大分よいのではないだろうか?

しかし!!これは医者側のリーダー理論である!「嫉妬から守る」ためには、周囲の理解が必要不可欠なのだ!

今はどの職場も非常に忙しい、診療報酬改定で多くの病院がまさに火の車であろう。2007.11の第5回診療報酬改定で減少が決まったし・・・。そのなか、「なにもしない」ことは、現場の感覚では非常に理解しがたいものなのだ。「こんな忙しいのに、仕事をしない人がいるなんで耐えられない!!」と思うのが大抵の反応だろう。特に、医者以外のスタッフは、各々の労働組合のもとに処務規定で仕事の範囲が決まっている。そのためますます「いらん仕事」は医者、次に看護師に回ってくる。だから、意識して仕事を減らす努力が必要なのだ・・・ナースプラクティショナーや医療秘書など・・・。

現状の策として、「マンパワー」が大きな手段なのだが、そもそも人手はどこも足りていない!(医者は偏在でない!絶対数が足りない!)。しかし、現場の帳尻合わせのために、行政と現場が繋がらずに、現場で「お上が悪い!」と吼えていても、本末転倒、悪循環なのは明らか。逆に、組織の数人の「何もしない人」の存在はそもそも組織に有益という、組織論の基本からも遠ざかっている。

大人数でみんなで一生懸命やることが一番だ!という思考停止に陥らないようにしないと・・・。


2007.11.6 記載