第18回日本環境感染学会総会

パシフィコ横浜 2003年2月14日(金)〜 16日(日)正午まで

 <日本環境感染学会>

      日本環境感染学会とは

          ●目的

            環境感染に関する研究の進歩発展を図ることを目的としています。

          ●事業

            主な事業は
             1. 会誌の発行
             2. 学術集会の開催
             3. その他の事業
            となっています。
                     [日本環境感染学会会則第二章第3条、第4条より]

      日本環境感染学会入会のご案内

           1. 入会ご希望の方は下記宛、入会申込書をご請求下さい。

               〒113-8622 東京都文京区本駒込5-16-9
               (財)日本学会事務センター・会員業務
               「日本環境感染学会」係
                 TEL : 03-5814-5810  FAX : 03-5814-5825

           2. 年会費

               A会員(看護婦さん以外):年会費  7,000円
               B会員(看護婦さん)  :年会費  5,000円
               
               年会費につきましては、入会手続きが終了しますと学会事務
               センターより所定の振込用紙と会員承認通知が送られます。

           3. 新入会の方には、機関紙「環境感染」(年4回発行予定)を
             お送りします。

           4. 本会の会計年度は1月〜12月です。 

      日本環境感染学会総会記録

開催年
開催地
歴代会長
第1回
1986年
東京

上田  泰(東京慈恵会医科大学名誉教授)

第2回
1987年
東京

清水喜八郎(東京女子医科大学内科)

第3回
1988年
東京

小林 寛伊(東京大学医学部中央手術部)

第4回
1989年
大阪

三輪谷俊夫(大阪大学微生物病研究所)

第5回
1990年
東京

五島瑳智子(東邦大学医学部微生物学)

第6回
1991年
東京

出月 康夫(東京大学医学部第二内科)

第7回
1992年
福岡

熊澤 淨一(九州大学医学部泌尿器科)

第8回
1993年
東京

川名 林治(岩手医科大学医学部細菌学)

第9回
1994年
東京

松本 文夫(神奈川県衛生看護専門学校附属病院)

第10回
1995年
倉敷

副島 林造(川崎医科大学呼吸器科)

第11回
1996年
東京

斎藤  厚(琉球大学医学部第一内科)

第12回
1997年
新潟

荒川 正昭(新潟大学医学部第二内科)

第13回
1998年
東京

岩井 重富(日本大学医学部第三外科)

第14回
1999年
名古屋

品川 長夫(名古屋市厚生院)

第15回
2000年
大分

那須  勝(大分医科大学第二内科)

第16回
2001年
東京

柴  孝也(東京慈恵会医科大学内科学)

第17回
2002年
大阪

永井  勲(社会保険紀南綜合病院)

第18回
2003年
横浜

木村  哲(東京大学医学部附属病院感染制御部、感染症内科)