トップページ本分析支援について

本分析支援について(ねらい)

 地域包括ケアシステムの構築に向けて、国民・地方自治体が情報を利活用できる介護・医療関連情報の「見える化」が、厚生労働省の平成25年度試行的事業などで進められています。そのための科学的根拠を得るため、平成22-24年度厚生労働省の指定研究(※1)により、多保険者・地域間で地域診断のためのベンチマーク(数値指標による比較)・システムを本研究班は開発してきました。本分析支援では、高齢者の状態像と住民のつながりの「見える化」する方法を研究開発し、根拠に基づく第6期介護事業計画(※2)の策定や高齢者が健康に暮らせる街づくりを支援します。

本支援事業についての取り組みが、厚生労働省ホームページで紹介されました。(閲覧はコチラ
※1厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業)「介護保険の総合的政策評価ベンチマーク・システムの開発」(H22-長寿-指定-008)
※2厚生労働省老健局「第6期介護保険事業(支援)計画の策定準備等に係る担当者会議」の資料はコチラ